沖縄に伝わる「島こしょう」の辛みで抹消の血流が改善

生活習慣に加えて過度なダイエットも冷え症の原因

寒い季節に限らず、手足や腰の冷え・しびれなど、冷え症に悩む女性が最近ふえているようです。これはミニスカートやハイヒールなど体を冷やしたり、血流を悪くしやすい生活習慣に加え、意外なようですが、食生活にも原因があります。

ダイエットを意識するあまり食事の量が減ると、噛むことによる脳への刺激が少なくなるため、食欲や体温を調節する視床下部からのホルモン分泌のバランスが崩れてしまうのです。

過剰なダイエットで内臓機能が停止しまう

ところが、現代医学では冷え症を改善する特効薬がありません。そこで私たちが興味をもったのは、古くから食生活にとり入れられてきたスパイスの効用でした。漢方には冷えを治す処方が多くあります。そうした処方に多く含まれているのが、こしょうなど、スパイスとして用いられる植物系の生薬だったのです。

私たちが注目したヒハツという物は、こしょうの仲間です。沖縄では島こしょうと呼ばれて豚肉のくさみ消しや、そばの風味づけなどに用いられるポピュラーな香草科です。
東南アジア原産、独特の甘い香りが特徴で、インドなどでは健胃や冷え改善の目的で薬用ともされてきたようです。また、ヒハツには動物実験で血管拡張作用を示したデータがあったことからも、冷え症を改善する効果が期待できたのです。

血管拡張因子の合成を活発化血管を拡張し血流を改善する

20代から50代の冷え症に悩む女性20人を対象に行いました。ヒハツのエキスをまぜたお茶を飲んでから15度の冷水に1分間手を浸してもらい、皮膚の温度の変化を調べてみたのです。すると、飲まなかったときにくらべ、ヒハツエキス入りのお茶を飲んだときのほうが温度の回復が早い傾向があり、飲んだ人の75 に手先の温度回復効果を実感する効果がありました。

では、なぜヒハツが冷えを改善したのでしょうか? 体内の一酸化窒素(NO)には血管を拡張させる作用がありますが、研究の結果、ヒハツに含まれるピペリンという成分には、この一酸化窒素を合成する酵素を活性化させる働きがあることがわかってきました。
ピペリンの働きによって血管が拡張し、血流量がふえたことで皮膚の温度が上昇したと考えられます。ピペリンはその名のとおりペッパー(こしょ、ユの仲間に含まれる辛味成分)です。

ですので、ヒハツに限らず、いわゆる黒こしょうや自こしょうなどのこしょうを同様に摂取しても冷え症の改善は期待できると考えられます。ちなみにこのときに用いたヒハツのエキス粉末の量は150mg。スパイスのかたちで出回っている島こしょうなら、「辛味」を少し感じる量です。冷えに悩んでおられるかたは意識的に1日1回、辛味を楽しみながら食生活にとり入れるようにすると、よい効果が期待できるのではないでしょうか。

島こしょうはこちら。

こしょう足湯でむくみが解消、脳の血行も促進

こしょうの香りには体が喜ぶ作用がたっぷり

お湯にこしょうを入れて足浴する「こしょう足湯」は、体をあたためて血行促進するだけでなく、さまざまな効能を期待することができます。その鍵は、足元から立ち込める香りにあります。

こしょうの独特の香りは、主に6つの香りの成分からなっていますが、どの香りにも共通した効能があります。それは、むくみの解消。こしょうの香りをかぐだけで、血行が促進され、新陳代謝が活発になり、余分な水分が排出されるので、むくみを解消するばかりか、むくみにくい体質にしてくれるのです。
また、こしょうの香り成分の10 は、リモネンという、みかんにも含まれる成分によるものです。リモネンの香りは、脳の血行をよくして、働きを活性化します。具体的には、決断力や意欲を高め、落ち込んだ気持ちを高揚させる働きがあります。記憶力を向上させる作用もあるといわれているので、ボケ防止にもいいでしょう。
さらに、リモネンをかぐだけで気分転換をすることもできます。ストレスでこり固まった心をほぐしたいときにもってこいです。

ほかの香りの成分では、フェランドレンは、せきを止めて痍を切りやすくしたり、βカリオフィレンは、体にたまった老廃物の排出を促す毒出し効果があるなど、こしょうの香りの効能は、枚挙にいとまがないのです。

中国では、実際にこしょう足湯が病気の治療に使われているようです。そのやり方を見てみると、こしょうを細分煎じたり、すり鉢ですりつぶしたりと大仕事。そこで今回は、両足が入る容器に、お湯を張って、こしょうを入れるだけです。
やり方は、
両足が入る洗面器などに40度に温めたお湯をくるぶしが隠れるぐらいの水位まで入れます。このしょうの香りが立ちこめるように、こしょうをお湯の張った洗面器に振り入れます。量は5~10グラム。20分ほど足浴し、途中がお湯がぬるいと感じたら熱めのお湯を足します。お湯の中で足の指をグーチョキパーと動かしたり足首を回すとより効果的です。

ゴマ油こしょうで肌の新陳代謝がアップ老化防止にも

相性抜群のゴマ油とこしょう

冬場は寒さや乾燥などが負担となって、肌荒れが起きやすい時期。どんなに外からクリームなどで保湿をして栄養を与えても、一時的なもので、肌荒れの根本的解決にはなりません。

そんなときは、継続的にお肌いいものを食べて、体の内側からきれいにしてあげることが、効果的です。

そこで、私がおすすめする食材は「こしょう」です。美肌にこしょうが効くいうと意外に思われるかもしれませんが、こしょうには、きれいなお肌をつくる成分がたくさん含まれているのです。

スパイスのひとつであるこしょうには、胃腸の働きをよくして「消化を助ける」、血行を促進して「体をあたためる」作用があります。これは食べたものの栄養分を消化吸収し、体から悪いものを排出する力を強め、肌を元気にしてくれるということです。

こしょうには、免疫力を向上させてカゼを治す薬として、ヨーロッパで親しまれている「ピペリン」という成分が含まれています。ピペリンには、免疫力のアップに加え、血管が酸化(サビ)するのを防ぐ抗酸化力があり、老化を防止し、肌を若返らせてくれます。

このようなこしょうの美肌成分を、最大限に引き出すために、こしょうの油に溶ける性質を生かして、油と合わせるのがいいでしょう。油のなかでも、血液をサラサラにし、ミネラルが豊富なゴマ油がいいでしょう。

栄養面だけでなく、おいしい組み合わせともいえます。ふだんの食事にこしょうとゴマ油を積極的に使ってみてください。また、ゴマ油にこしょうを漬けた「ゴマ油こしょう」を入れた瓶を食卓に常備するのもいいでしょう。

美肌効果を期待するなら、1日の目安に、大さじ1杯を妙め物やスープなどに入れてとりましょう。ゴマ油こしょうは、カロリーが高いので1日の目安を守るようにします。

どんな料理にも合う

美肌に効果抜群のゴマ油こしょうは、ゴマ油の香りとこしょうのビリリとした辛味がきいて、おいしさも抜群。そのままサラダやラーメンなどにかければ、いつもと違った風味を楽しめます。
また、ゴマ油こしょうは、熟しても成分が変わらないので、妙め物やチャーハン、スープ、煮物などにも合います 。
ただし、熟するとこしょうの辛味が引き立つので、こまめに味見をして調節しながら入れるようにしましょう。
ゴマ油こしょうに使うこしょうの種類は、あらびきや粉末などどんなこしょうでも成分的には変わらないので、食感や香りなどお好みで選ぶといいでしょう。

ごま油こしょうの作り方

材料、ごま油小さじ2~3、こしょう小さじ5分の1、タマネギ半分、さとい芋中2個、だし汁600ml、塩小さじ4分の3、パセリ少々

  1. 玉ねぎは繊維に対して直角にスライスし、里いもはひとくち大に切る
  2. 鍋にコマ油とこしょうを入れて火にかけ、コマ油の香りが立ったら玉ねぎを炒める。玉ねぎに油がまわったら里いもも加えてさっと炒める
  3. だし汁と塩を加える。煮立ったら火を弱め、ふたをして4~ 5分煮る。空いもがやわらかくなったら火からおろし器によそう。好みでさらにこしょうとコマ油を加え、刻みパセリを散らす

重症の肩こりが原因の不眠症も「こしょうのツボ貼り」で改善

しっこい不眠の私が貼ったその日から熟睡

仕事で1日中パソコンのモニターと向き合っているので、いつの問にか肩のこりがたまって、岩のようにガチガチになっていました。ここ3ヶ月間、寝つきも寝起きも悪く、やっと起きられたときには、朝だというのに心身ともに疲れているという状態でした。

さらに、毎晩のように、低周波が出る治療器で肩のこりをほぐすものの、その場しのぎにすぎませんでした。そんなとき、ある治療院で、寝る前にこしょうの粒を足の三里のツボに貼ると健康法と教えてもらいました。
なんで、こしょうで体が元気になるのかと、半信半疑でしたが、「このつらい状況が少しでもよくなるのなら」とすがる思いで試してみました。

こしょうの粒をバンソウコウで粘ってみると、足の三里のツボから疲れがじんわりと吸収されて、とれていく感じがしました。そのまま、いつの問にか寝てしまっていたようで、気づいたときには朝だつたんです。朝まで日が覚めないことが久しぶりだつたので、いまでも昨日のように感動したのを覚えています。
それからというもの、いい眠りのために、毎晩のこしょうのツボ貼りは欠かせません。

骨折の足の痛みに「こしょう」が入った袋をあてただけで治まった

骨折した足くびもこしょうで完治した

昨年の夏に、うたたねをしていたら、左の足がしびれていたようなのですが、感覚がなかったので気がつきませんでした。電話のベルに気づいて起きたとき、足の甲を下にしたまま立ち上がってしまい、なんと足くびがポッキリと折れてしまったのです。

それからというもの、仕事をお休みにして、自宅で絶対安静の日々がつづきました。足をつるして横になっているときは、まだましなのですが、トイレに立ち上がるたびに、うっ血して痛みました。痛み止めの薬はありましたが、痛むたびに飲むのも体に悪そうなので、私はこしょうの力を借りてみることにしました。
なんでも、こしょうには、どんな痛みもやわらげてくれる力があると、治療院をやっている主人に開いたからです。さっそく、ギプスを当てている上から、粒こしょうが入った袋を当ててみることにしました。

すると、いつもより速いスピードで、うっ血していた足の色が肌色に戻り、痛みがスーツとひいていくのがわかりました。さらにしばらくして、それまで感じていたシクシクとした痛みが、ほとんどなくなっていることに気がついたのです。

ほんとうに不思議な話ですが、その後、足の痛みが起きるたびに、こしょうは大活躍。即効性のある痛み止めのように、しかりと痛みをとり除いてくれました。

私は、結婚式やイベントの司会をしていて人前に立つため、骨が曲がってくっついてしまったりしたらどうしようと、治り具合が心配でした。

それも、こしょうの袋を当てて痛みを抑え、足への負担を軽くしていたからか、だれが見てもわからないくらいきれいに治りました。ほかにも、肩が凝ったときや筋を違えたときにも、こしょうを当てて、癒やしています。
こしょうなら、家に必ずあるものですし、痛いところに当てるだけと簡単なので、友だちにもよくすすめています。皆にも効いているみたいです