遺伝情報は4種類の文字で書かれた長い文章

ガンについて研究すればするほど、このような進化の果てにある現在の私たちの姿と、ガンという病気が密接に関わっていることがわかってきたました。

私たち人類は、約60兆個もの細胞が集まって体が構成されている多細胞生物です。1つ1つの細胞は、細胞膜という脂質の二重の膜で仕切られています。その膜で守られた細胞のなかに、さらに別の膜で守られた核があります。

この小さな核のなかに、約10万ともいわれる膨大な数の遺伝子が詰まっているのです。遺伝子の存在を最初に示唆したのは、19世紀中ごろのオーストリアの牧師だった、かのメンデルでした。

えんどう豆の遺伝を長年研究した末に、メンデルが因子(エレメント)と呼んだ遺伝子の本体が、DNA(デオキシリボ核酸)という高分子の物質であることが今日では解明されています。DNAは、塩基(アルカリ性の物質)と糖がリン酸をはさんで長い列をなしたものが、2本の鎖のようにからまってできています。

塩基にはアデニン(A) ・グアニン(G) ・シトシン(C) ・チミン(T)の4種類があります。髪の毛の色、皮膚の色、目の色、その他さまざまな親から子へと受け継がれるべき遺伝情報は、すべて、この4種類の塩基の並び方で決まるのです。遺伝情報とは、つまりA・G・C・T の4 つの文字で書かれた、長い長い文章であるということができます。

この文章を、私たちは遠い先祖から代々受け継いできたのです。こうしたDNAの成り立ちは、私たち人類の祖先ともいうべき真核生物(多細胞生物) があらわれる前の、藻類や細菌などの原核生物(単細胞生物)にも共通する、生命の生命たるゆえんであることが知られています。

DNA の塩基配列、つまりA・G・C・Tの文字の並びに、置換(別の文字に置き換わる)欠失(あるべき文字が欠ける)、挿入(ないはずの文字が加わる)などの異変が生じることを突然変異といい、この突然変異によって生物の進化と絶滅が大きく左右されてきたのです。

突然変異などといえば、何やら一大事件が起きているような気がしますが、むしろDNAの突然変異は日常的に起きており、DNA修復酵素などの働きでDNAの異変は日常的に修復されているのだということを、今日の分子生物学では教えています。

そうした変異と修復の繰り返しのなかで、好気性生物が酸素の多い環境で生き長らえてきたように、突然変異が環境に適応する方向に起これば生物は進化をとげます。しかし実際には、生存に不利になるような変異もひんばんに起きており、それはやがて種の絶滅をもたらしてきたのです。

20億年前の生物には酸素は猛毒だった

地球は今から46億年前に起きたビッグバンによって誕生したといわれています。この46億年を仮に1年365日に換算して、生物の進化の歴史を振り返ってみると、どうなるでしょうか。

正月元旦の午前0時に地球が誕生したとすると、3月中旬ごろ(35億年以上前)にはすでに最初の生命が誕生していたと考えられています。

当時の地球にはまだ空気もオゾン層もなく、地表は太陽の強烈な紫外線をまともに浴びていました。この太陽のエネルギーによって化学反応が起こり、やがて生命に必要な核酸(遺伝子の材料になる物質)やアミノ酸(タンパク質の材料になる物質)のような有機化合物ができたと考えられます。

そして4月中旬、桜も盛りを過ぎたころ(32億年前)には、最古の微生物が生息していたことが化石の研究から確認されているのです。

1年もなかば以上が過ぎ、7月下旬に入ったころ(20億年前)に、藍藻類と呼ばれる原始的な藻の一種が大発生して、やがて地球全体をおおうようになります。藍藻類の繁栄によって地球の環境は一変しました。

この藻類は太陽のエネルギーをもらって光合成を行い、水と炭酸ガスから糖をつくり、酸素を排出しました。このため、地球は一面に酸素でおおわれるようになったのです。

それ以前の、酸素がない環境に順応していた嫌気性生物にとって、酸素は猛毒で、そのほとんどが死滅しました。

かわりに、猛毒の酸素をうまく生命活動に利用する術を身につけた好気性生物が現れ、以後、地球では嫌気性生物は衰え、好気性生物が生き残ることになるのです。

8月上旬ころ(18億年前) になると、遺伝子をしっかりした膜(核膜)で包み、何世代もかかって蓄えてきた遺伝情報を大切に保護する「核」の構造を備えた生物が誕生しました。

これがヒトをはじめとする多細胞生物の祖先ともいうべき真核生物です。やがて藍藻類の吐き出しつづける酸素が、地球上にふり注ぐ太陽のエネルギーによって化学反応を起こしてオゾンが発生し、現在も地球をおおっているオゾン層が形成されます。
オゾン層のおかげで、太陽の有害な紫外線がさえぎられ、海のなかにいた生物たちが陸に上がって生活できるようになったのです。

こうしてさらなる進化に進化を重ね、ヒトが誕生したのは、暮れも押し詰まって大晦日の夜8時を過ぎ、NHK紅白歌合戟が始まろうかというころのことです。

したがって、日本人と呼ばれる私たちの祖先が形成されたのは、除夜の鐘が響き始めたあとということになります。日本人の平均寿命は現在、女性が83.59歳、男性が70.11歳となり、世界の最長寿国とされていますが、その私たちの80年の一生は、生命の長い歴史のなかでみれば、ほんの除夜の鐘の一突きにも及ばないことになるのです。

エノキタケは100 gの小袋を4人家族で週に10袋が目安

これらの結果をまとめると、まずタバコをやめ、お焦げを避けて焼き魚を週3日食べ、あまりしょつぱすぎないみそ汁を1日3杯飲み、緑黄色野菜と漬物を毎食欠かさず、そしてエノキケを週3日以上食べることが、ガンの予防につながるということになるかと思います。

くわしいひとつひとつの調査内容をみたわけではありませんが、エノキタケ栽培家庭はどちらかといえば和食中心の食生活のスタイルで、私が子鍵のころ、母がそうしてくれたように、みそ汁の具にエノキタケをよく使うのではないかと想條されます。

調査の対象となったた仝エノキタケ栽培家庭のエノキタケ摂取量の平均は、週に1人当たり240 g でした。市販のエノキタケの小袋が1袋100 gですから、1人2袋半、4人家族で週に10袋というのがおぼえやすい目安になるでしょう。

ただし、他の生活習慣と考えあわせた場合、エノキタケの摂取頻度が週2日以下だと「薬」としての作用が十分に発揮されない結果が出ていたように、週に10袋といっても一度にどっさり食べるのではなく、できれば1 日2袋を週5日、あるいは1日3袋を週3~4日といったように、日常の食卓でまめに摂取するのがコツのようです。

ところで、エノキタケの摂取がガンの予防につながるとすれば、エノキタケははたして、どこで効いているのでしょうか?
正常細胞がガン細胞に化ける発ガンの過程でしょうか、それともガン細胞が分裂増殖する過程を抑えているのでしようか?
1つには、エノキタケの日常的な摂取によって、EA6のような免疫戯括物質が体に補われ、ガン細胞の増殖抑制に働いている可能性があります。しかし同時に、エノキタケ栽培家庭のガン死亡率が胃ガンや食道ガンなど消化管の限られた上食べることで著しく強められていたのです。

1つには、エノキタケの日常的な摂取によって、EA6のような免疫戯括物質が体に補われ、ガン細胞の増殖抑制に働いている可能性があります。

しかし同時に、エノキタケ栽培家庭のガン死亡率が胃ガンや食道ガンなど消化管の限られた範囲で特に低かった事実は、エノキタケの摂取が体全体の免疫システムを高めると同時に、胃や食道でもっと直接的に発ガンの化学予防に働いている可能性をも示唆しているようです。

喫煙によるガンの危険度がエノキタケの摂取によって低減している事実などをみても、喫煙の習慣によってできあがったガン細胞の増殖をエノキタケが抑制しているだけではないように思えます。

タバコの煙に含まれる発ガン物質の活性をエノキタケの何らかの成分が弱めるなど、正常細胞の発ガンの過程そのものを抑制していると考えたほうがむしろ自然でしょう。

実際、発ガンの過程に深く関わるフリーラジカルと呼ばれる物質を、エノキタケや他の食用きのこがせっせと消去してくれることが最近の研究で明らかになっているのです。

エノキタケを週3日以上食べれば焼き魚を「毒」から「薬」にかえる

まず、焼き魚です。焼き魚を週3日以上食べる習慣は、エノキタケの摂取頻度が少ない人では危険度158~152と、ガンを促進していることが示されました。

しかし、エノキタケの摂取頻度が週3〜4日までふえると、その「毒」が削りとられ、危険度は121まで下がってきます。

そして興味深いことに、エノキタケを週5日以上食べる人では、焼き魚を週3日以上食べる同じ習慣が「毒」から「薬」へと反転し、プラスのお釣りを出していたのです。

みそ汁を毎日3杯以上飲む習慣についても、同じことが観察されました。エノキタケの摂取頻度が少ない人では、みそ汁を1日3杯以上飲む習慣がややガンを促進する方向に作用しています。

ところが、エノキタケを週3日以上食べる人では、みそ汁を1日3杯以上飲む習慣がむしろ著しくプラスに作用していたのです。

味噌の驚くべき著効 | 味噌汁を週に3杯以上飲むと動脈硬化の進行が抑制される

これらの結果から、焼き魚を週3日以上食べる習慣やみそ汁を毎日3杯以上飲む習慣は、エノキタケをあまり食べない人にとっては要注意の習慣ですが、エノキタケを週3 日以上食べる人にとってはガン予防の「薬」になる、といえそうです。「毒」として作用する恐れのある焼き魚やみそ汁を、エノキタケが「薬」に変えたのです。