単純に「発がん物質を含む食品を食べない」というのは違う

禁煙と食生活の改善だけでガンの発生は現在の何分の1にも減るという米国立がん研究所の推計は事実ですが、「食生活の改善」というと、私たちはとかく、食品中に見つかった発ガン物質の「毒」を食卓から遠ざけるだけのネガティブな発想に陥りがちです。

「がんの予防に関する12カ条」でも、食事に関する項目が8カ条、喫煙に関する項目を加えると9カ条を占めています。

「過労を避ける」というのはガンの芽を摘んでくれる免疫システムを下げないための生活上の注意ですが、食事に関する注意ではもっぱら発ガンの予防にウェイトが置かれているのがわかります。12カ条は意義ある提案ですし、どの項目にも医学的に確かな根拠があるのですが、あれをしてはいけない、これをしてはいけないとネガティブ(否定的)な項目ばかりが並び、ガンを防ぐにはこうするといいですよ、というポジティブ(肯定的)な提言をもっととり入れるべきではないか、感じています。

「毒」についての注意書きも大切ですが、「毒を中和する薬」の情報も同時に有効ではなかろうかと考えていたのです。たとえば「塩辛いものは少なめに」「ひどく焦げた部分は食べない」というのはイニシエーターヤプロモーターを食卓から遠ざけるための注意です。

魚や肉などの焦げた部分は、Trp-P1、Trp-P2などと呼ばれる強力なイニシエーターを含んでいます。これは、国立がんセンターによる世界に誇る研究成果でわかったこです。

また、食塩(塩辛いもの)は、胃粘膜の細胞にプロモーターとして作用するとされ、日本人に多い胃ガンの原因物質の1つとして疑われています。Trp-P1、Trp-P2は、サンマを焼くときの煙が、煙突から出る煙と同じだろうという考えから発見された発ガン物質ですが、タンパク質が焼け焦げたときにできる物質ですから、焼き魚や焼き肉、目玉焼き、ソースなどはたとえ微量でも、この発ガン物質を含んでいます。

他方、食塩をとりすぎる原因食品としては、漬物がしばしばやり玉にあがります。今夜のおかずの焼き魚が干物なら、さらに困ったことになります。魚の干物やタラコなどの魚卵には、二級アミンという物質が含まれ、漬物には亜硝酸が含まれています。
塩分の過剰摂取はガンのリスクを高める | ガン予防のための習慣

二級アミンと亜硝酸を同時にラットに与えると、これらが胃の中で反応してニトロソアミンと呼ばれる強力な発ガン物質ができることが証明されているのです。

つまり、魚の干物と漬物を同時に食べれば、私たちの胃の中でもニトロソアミンが生成している可能性が強く、これが日本人の胃ガンの原因かもしれない、と考える人もいます。

神経質な人なら、そう聞いただけで、今夜のおかずに出された魚の干物や漬物に、箸が止まってしまうかもしれません。けれども、それは正しくないのです。

ガガンは予防できる『がんを防ぐための12カ条』 | ガン予防のための習慣

食品に含まれる物質によって発がんを抑制するのが「化学予防」

食事によるガン予防は、ガンができるメカニズムに沿って、大きく2つの過程が考えられます。1つはガン細胞が生まれるまでの過程、もう1つはそのガン細胞が活発に分裂増殖する過程です。

ガンは、もとはたった1個のガン細胞から分裂増殖してふえた、ガン細胞のかたまりです。ですから、もとのたった1個のガン細胞が体内にできるのを防げばガンは防げるのですが、そのたった1個のガン細胞は、正常細胞が変異をとげて生まれたものです。

この変異のことを「ガン化」と呼んでいるのです。発ガンのメカニズムについては、正常細胞がガン細胞に化ける過程は、イニシエーションとプロモーションの2段階からなると一応分けて考えることができます。

イニシエーションとは、正常細胞の分裂増殖を制御している遺伝子に傷がつくことをいいます。プロモーションはその細胞の異常が、細胞膜などの構造にまで広がり、ガン細胞としての体裁が整う段階です。イニシエーションを引き起こす物質はイテンエーター、プロモーションを引き起こす物質はプロモーターと呼ばれます。

たとえていえば、イニシエーターが乗りこんでエンジンをかけた車にプロモーターが乗り、アクセルを踏みこむと、ガン細胞という恐ろしい車が暴走し始めるのです。

イニシエーターの多くはプロモーターとしても作用しますので、それ自体に発ガン性があるため、発ガン物質と呼ばれます。これに対して、プロモーターはそれ自体には発ガン性がありませんが、体のどこかにイテンエーションを受けた状態の細胞があった場合、そこにプロモーターが作用すると、発ガンします。

食事でガンを防ぐということは、第一に、こうしたイニシエーターヤプロモーターの活性を弱めたり体外への排泄を促進したり、傷ついた細胞の修復を速めたりする物質を食品中に探して、摂取することを意味するのです。

このように、食品などに含まれる物質によって正常細胞の発ガンを坤きむことを「化学予防」とも呼んでいます。ところで、もし発ガンの化学予防に失敗して、体のどこかにガン細胞が1個か2個できてしまったとしても、まだガンという病気にはなりません。

病院などでガンと診断され、治療の対象となるのは、ガンが肉眼でわかる程度、つまりガン細胞の個数にして10億個前後にまで増殖してからなのです。

体のなかにできたガン細胞が10 個や20個にふえても、その段階でガンの芽を摘み、あるいは芽を伸ばし始めたガンの増殖を抑えることができれば、その人はガンで死亡することはありません。

私たちの体内でガン細胞をすばやく見つけて破壊したり、増殖を抑制する働きを担っているのが、マクロファージやリンパ球などによる免疫監視機構です。

食事でガンを防ぐということは、第一には細胞レベルでガン化を抑え、第二にはこうした免疫システムを刺激し、活性化することでガン細胞の増殖を抑制するような物質を、食品中に探して摂取することを意味するのです。

言いかえれば、「細胞レベルでの発ガンの化学予防」と「ガン細胞の増殖抑制」のどちらかの効果が認められた物質を含む食品が、ガン予防に役立つ食品というわけです。食用きのこに含まれる多糖体や糖タンパクがまさに後者の免疫システムの賦括によってガン細胞の増殖を抑制すること、の抗ガン作用を発揮することを示したものでした。

そのなかで、経口でも効くエノキタケの糖タンパク(EA6)などが発見されたのですが、ガンの治療薬の開発に研究の力点があったため、食用きのこによる発ガンの予防についてはくわしく研究していませんでした。

米国立がん研究所の報告によると、動物実験のレベルで発ガン抑制効果が確認された化学物質はすでに1000種類を超えたそうです。そこで、私たちも少し視点を変え、次の大きな研究課題として、エノキタケなどの食用きのこが、イニシエーターやプロモーターの「毒を中和する薬」となりうるかどうかの研究に取り組んできたのです。

発がん物質の活性には数100倍もの差がある

日本の戦後の食生活の変化をみるとわかるように、欠食時代には、食品はその一次機能、つまり血となり肉となる「栄養」の源としてもっぱら扱われるものです。

栄養に満ち足りるようになると、グルメブームに象徴されるように食品の二次機能、つまり味や香りなどの「官能」機能が重視されるようになります。

そして最近では、食品の三次機能として、病気や老化を防ぎ、体調を整えるという「生体調節」機能に注目が集まっています。

食用きのこは、栄養機能では飽食時代に最適な低カロリーが特徴で、歯ざわりや香りなど官能機能にもきのこそれぞれに豊かな個性があります。

生体調節機能では、シイタケの血中コレステロール上昇抑制作用などが昔から知られてきましたが、きのこは抗ガン作用のある機能性食品として一躍脚光を浴びるようになりました。

  • エノキタケには、、制がん作用、発がん防止作用、がん予防作用がある
  • 「しめじ」の発ガン抑制効果
  • ガン細胞が消えるほどの効果をもつ「マイタケ」
    • 米国立がん研究所のドル博士らが行った疫学研究によると、ガンのおよそ3分の1は喫煙に、3分の1は食生活に、あとの3分の1がその他の原因(ウィルスなど) に起因するということができるそうです。

      この推計が正しければ、私たちが禁煙と食生活の改善を実行するだけで、ガンの発生は現在の3分の1に抑えられることになるかもしれません。

      私たちが日常、何の気なしに摂取している食品によってガンになったり、逆にガンを防げたりするというのは、ちょっと不思議な気もします。

      けれども、私たちの体を構成している細胞や体液は、水、タンパク質、脂肪、糖質、ビタミン、ミネラルなどのさまざまな物質でできており、それら無数の物質の間にたえず化学反応を起こしつづけることで、生命を維持しているのです。体を構成する物質の多くを、私たちは食品から補給しなければなりません。

      ところが、食品に含まれる物質は、体の生理的機能を高める「薬」ばかりでなく、ときには生理的機能を障害する「毒」として作用することもあるわけです。

      いわゆる発ガン物質は、食品やタバコの煙などのなかから、ガン予防のうえで「毒」として作用する物質を分析して得たもの、ということができます。WHO(世界保健機関)の国際がん研究機関では、人に対して明らかな発ガン性の認められる化学物質が約50種類、その疑いのある物質が200種類以上あると発表しています。

      現在知られている最も強力な発ガン物質は、カビのつくるアフラトキシンと呼ばれる毒で、輸入もののピーナッツなどに白カビが生えているものを見つけたら、迷わず捨て、決して食べてはいけません。

      しかし、アフラトキシンのようにごく微量でも発ガンの危険性がある物質は、そう多くありません。ひと口に発ガン物質といいますが、活性の強いものと弱いものとでは100万倍もの差があるのです。

      活性の弱い発ガン物質がごく微量ながら食品に含まれているという場合には、その食品を捨てたり避けたりするのでなく、別の予防法を講じるべきです。

      食品が「声を含んでいるとしても、その毒をいわば中和する「薬」となる物質が同じ食品中に含まれていることもしばしばあります。もし「薬」が見つからなければ、ほかの食品のなかに「薬」を探して、食べればよいのです。

脳梗塞、心筋梗塞の後遺症の回復に「赤ミミズ食品」が注目集まる

血栓を溶かして血液さらさら 副作用のリスクなしに血栓を溶かすミミズ食品

医療の発達に伴い、世界的に長寿をまっとうする人が増えました。日本は、男女合わせた平均寿命の長さが世界一ですが、その半面、生活習慣病の罹患率も比例して上昇しています。

甘いものや脂肪分を過剰摂取しやすく、運動不足に陥りやすい現代人は、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を発症する人が急増しています。血栓とは、血管内に生じた血液の塊のことです。これが血管に詰まると血栓症となり、詰まった部分から先に血液がいかなくなります。その結果、さまざまな障害が起きてしまうのです。

血栓は加齢に伴ってできやすく、40代では20% 、50代で34% 60代で50%、70代ではほぼすべての人にできるといわれています。血栓を防ぐには脂肪や糖分、塩分を控えた食事を心がけ、適度な運動を習慣にすることが大切ですが、それと合わせて、血流アップのサプリメントとして「赤ミミズ食品」がおすすめです。

その効果はすばらしく、しかも薬のように副作用がありません。しかし、ミミズと聞いただけで飲みたくなくなるという人もいるでしょう。ほとんどの人が「え!、ミミズですか?」と驚く人はけっして少なくありません。

ところが実際に飲んでみると、その効果を体感して赤ミミズ食品を継続して飲む人が続出しています。人類が地球に出現するはるか昔、5億年も前からミミズは変わらぬ姿で生きてきました。しかも、1匹のミミズが1年で千匹にまで増える驚異的な繁殖力も確認されています。

ミミズには計り知れない生命力が秘められているのです。他にもミミズには不思議な生態があります。死んだあと体が溶けて土に戻るのです。これはミミズが、死んだたんばく質を溶かす酵素を持っているためです。「ルンブロキナーゼ」というこの酵素にこそ、血栓を溶かす作用があるのです。

ルンブロキナーゼの作用機序を説明するには、血栓ができる過程を知っていただかなければなりません。

まず、血管壁が損傷すると、血小板が集まってきて傷口をふさぎます。その後、血液が固まつてフィプリンという物質になり、傷口をさらにしっかりと覆います。傷口の修復後、フィプリンは通常プラスミンという物質によって溶解され、流れ去っていきますが、なんらかの理由でプラスミンが作用しないと固まった血液が血栓として残ってしまうのです。

ミミズ食品にはプラスミンに似た作用があり、直接血栓を溶かす働きがあります。しかも生きたたんばく質は溶かすことなく、死んだたんばく質の細胞だけを溶かすため、血管や細胞を傷つけることがありません。すなわち、副作用がないのです。

そのうえ、血管の綱目に詰まった血栓や老廃物もきれいに溶かしてくれるので、血管そのものが健康になります。

症状改善の事例が多散血栓治療に効果的なミミズ

実際に赤ミミズ食品を飲んだ方たちの検査結果でも、赤ミミズ食品の摂取によって、脳梗塞や心筋梗塞の後遺症などが改善された事例が多々あります。本来なら手術が避けられなかった心臓冠動脈の巨大な血栓が、赤ミミズ食品の摂取によってすっかり消えた方までもいます。

血栓に対しては、とにかく効果が早く出ます。血栓を溶解させる経口薬は今のところないので、赤ミミズ食品はこれからの血栓治療の中心的な食品になるでしょう。そのほかにも、血管の状態がじようみやく改善されて、心臓疾患や静脈瘤がよくなったなど、医療現場でのプロも驚く報告が数多くあります。

例えば、冠状動脈が1年間詰まってカテーテルも通らなかったのが、赤ミミズ食品の服用で動脈の詰まりが解消されました。また、糖尿病や高血圧、腎臓病、EDなどに効果があるという報告もあります。これは赤ミミズ食品がルンブロキナーゼだけを分離したものではなく、ミミズのたんばく質全体を使っているからでしょう。

まだ解明はされていませんが、血栓を溶かすだけでなく、他にもいろいろな好作用がありそうです。血栓や動脈硬化、ドロドロの血液などにより血流障害が起きると細胞代謝が低下し、十分な血液が届かない部位は、いわば「壊死」状態になります。壊死した部位は、加齢やストレスなどによって広がり、その結果、重度の生活習慣病に到達することがあります。

微小血管(毛細血管)の血流までもよくする赤ミミズ食品は、血栓症だけでなく、生活習慣病全般の予防に役立つでしょう。私自身も健康増進のために毎日飲んでいます。先にも述べたように、ミミズ食品に副作用はありませんが、血小板凝集抑制剤を服用している人は併用を控えたほうが無難でしょう。そのほかの薬と併用する場合は、医師に相談することをお勧めします。また、妊娠中の方は服用を避けてください。

ルンブルルベルスプレミアム 90カプセル●エンチーム/赤ミミズ乾燥粉末は、LR末3(赤ミミズ粉末)に、田七人参、ウコン、ビタミンB1・B2・B6・B12・葉酸などの成分をバランスよく配合した、ミミズ乾燥粉末の最高級サプリメントです。

アレルギー体質も生活習慣病のひとつだった

親の過保護が原因

アトピー性皮膚炎の湿疹は、皮膚がアレルゲンにふれるとヒスタミンやセロトニンなどという化学物質が発生して、神経や血管や組織を刺激することによって起こる症状です。

アレルゲンのもとになるものには、ダニやハウスダスト、花粉などが挙げられますが、実はその物質そのものに問題があるのではなく、そこに含まれるタンパク質が原因となっています。特に子供のころは免疫力やリンパ球が過剰で、それらの物質に対して過剰な反応をしやすく、抗原抗体反応を起こして敏感に反応してしまうのです。

皮膚でこの抗原抗体反応を起こしたものがアトピー性皮膚炎となり、鼻の粘膜で起きたものがアレルギー性鼻炎、そしてのどや気管支の粘膜なら気管支喘息、粘膜で起きたものがアレルギー性結膜炎となります。

そしてこれらすべてのアレルギー反応は、動物や植物からの微量異物に対する白血球の免疫反応ということができます。ならば、タンパク質を一切摂取しないよう気をつければアレルギー反応は発症しないのかというと、それは現実的な考え方ではありません。

なぜならタンパク質は地球上のすべての生命体に含まれており、空気中にも無数に浮遊しているからです。つまり、よくアトピー性皮膚炎に悩む人に「タンパク質を含んだ食べ物は一切口にしません」という方がいますが、心がけとしては大変結構なことですが、それが根本的な解決につながるわけではないのです。

さて、アレルギー体質の子供が著しく増えています。このことについて私は、表裏一体の2つの理由があると考えています。1つは、「環境的な過保護」による、副交感神経の優位の傾向が強くなりすぎとたことです。

食べすぎや甘いものの摂りすぎ、運動不足など、いわゆる成長期においてリラックスのしすぎがエネルギー消費の減少を招き、副交感神経優位の状態からいつまでも抜け出せない身体を作り上げてしまったことによるものです。

そしてもう1つの理由は、働きすぎや夜更かしといった「環境的な厳しさ」です。ホルモンのバランスを保つためには、規則正しい睡眠が必要です。

ホルモン分泌は睡眠中に行なわれるものが多く、きちんとした睡眠がとれないと、ホルモンの正常な分泌に必要なビタミン、ミネラルなどの栄養素を吸収しにくくなり、結果としてアレルギー症状の発症を後押しすることとなるのです。

つまり、アレルギー体質というのも生活習慣病の1つということができるのです。事実「子供の生活改善をしただけでアトピーが治った」という話をよく耳にするのも、まさにこうした背景があるからなのです。

薬よりも生活習作の改善で治す

さて、アトピーといえば、その特効薬とされているのがステロイドです。前述した通り、ステロイドは長期間使用し続けると症状を悪化させるだけでなく、多くの副作用を招きます。たしかに、炎症を起こしたときは、ステロイドを使うことで驚くほどに炎症が抑えられることがままあります。しかし、この驚くほどの即効性というのは、驚くほどに強い薬であるということを理解していなくてはなりません。

アトピー性皮膚炎の人は、身体中が真っ赤にはれ上がって著しいかゆみに襲われる場合があります。もし自分のお子さんがこのような状態にあれば、一刻も早くかゆみを取り除いてあげたいと思うのは、親として当たり前の心理でしょう。

しかし、この状態こそが体内においてリンパ球が働き、有害物質を外に出そうとして血流が増加している真っ最中なのです。こういうときにステロイドを使用するというのは、有害物質の排泄を意図的に止めてしまうことになるのです。

また、ステロイドの沈着が変成することによって酸化コレステロールが体内に増加すると、炎症性のサイトカインがストレスが加わるたびに大量に発生します。

そのため、もともと発症していたアトピー性皮膚炎より、さらに悪化した症状が現れます。ステロイドを使用した場所はさらなる大きな変化を起こします。また、ステロイドの成分は全身に広がるため、使用していない部分にも副作用が現れてくるのです。いずれにしても、アレルギー体質を治すには、薬に頼ることは根本的な解決にはならず、リスクの方が大きいと考えていいでしょう。
アトピーに使われるステロイドが問題となるはこちら。
生活環境や食習慣の改善をし、薬の使用は最小限に抑えて、免疫力を高めることが最優先です。