大豆効果「糖尿病」リノール酸が効く

初期症状は自覚症状がほとんどなくわかりにくい

糖尿病は、昔は「ぜいたく病」といわれ、おいしいものをたくさん食べられる金持ちがかかる病気とされていました。ところが現在は、金持ちだろうと貧乏だろうと食生活にそれほどの差異はなく、食生活自体も洋風化していますので、欧米人のかかっていたような病気に、日本人も同様にやられています。糖尿病もその一つで日本では戦後、急増した病気です。糖尿病は文字通り、尿の中に糖の出てくる病気ですが、発病初期の段落で抑えておかないと、脳卒中や心筋梗塞、白内障といったおそろしい合併症を引き起こす引きがねとなるやっかいな病気です。糖尿病の合併症についてはこちら

初期の段階で抑えておくといっても、始めは症状が軽いため、きわめて気づきにくく、そこでそのまま放置しておくと、長年月にわたって全身に浸透し、ついには持病として苦しむことになります。そして、一度糖尿病にかかると、これを完治するということは、きわめてむずかしいといわれています。

糖尿病にかかりやすい人

糖尿病にはかかりやすい人のタイプがあります。

  1. 肉親の中に糖尿病患者のいる人、つまり糖尿病遺伝体質です。
  2. ふだんから食べ過ぎで太っている人、肥満体質の人です。
  3. 肉体的、精神的ストレスをすぐ受けやすい人、ストレス敏感人間です。
  4. 肝臓に慢性的病気をもっている人、肝臓疾患人間です。

以上4つのタイプが糖尿病に細心の注意をはらわなければならない人ですが、1の糖尿病の遺伝のおそれのある人は2、3、4の発症因子に気をつけてさえいればかならずしもかかるものではありせん。ですから問題は2の肥満体質3のストレス4の肝臓病にいかに対処するかということによって、糖尿病はかなりの部分まで防げるはずです。

主原因を取り除くためにも必要な大豆

この肥満、ストレス、肝臓病のいずれにも大きな効果のあることで知られているのが、大豆食品の数々です。

以前から、大豆の生産地には糖尿病患者が少ないということがよくいわれていました。大豆はデンプン質が少なく、低脂肪で、繊維質の多い低カロリー食品ですから、かなり食べても、食べ過ぎによる太り過ぎという結果を招くことはありません。また、脂肪分も体内に滞留する性質のものではありませんから、心臓病にとってもきわめて効果的なのです。

さらに、大豆と、ビタミンCとともに抗ストレスのものとして認められてきています。こうみてきますと糖尿病の発症因子(肥満、ストレス、心臓病) のすべてにわたって、大豆(リノール酸) の働きは大きな効用をもっていることが分かります。

近年の医学では、さらに糖尿病の予防、治療に効果のあるものとして、大豆の中の微量成分であるトリプシンインヒビターという物質が明らかにされ、大いに期待されていす。

トリプシンインヒビターは、本来、有害なもので、たんばく質分解酵素の働きを妨げるものです。大豆は生で食べてはいけないというのは、トリプシンインヒビターが体内で作用して下痢症状などを起こすからです。
この毒にしかならないとみられていた物質が、実は、薬の働きをするのではないかといわれているのです。

インスリンの元、膵臓の強化

糖尿病は、インスリンという血液中の糖分の量を調節するホルモンが、慢性的に足りなくなって血糖が増大し、そのために障害が起こる病気であることはよく知られています。

インスリンはランゲルハンス島(膵臓のなかで島のように散らばっている細胞) から分泌されているホルモンなのですが、大豆を食べると糖尿病は、インスリンという血液中の糖分の量を調節するホルモンが、慢性的に足りなくなって血糖が増大し、そのために障害が起こる病気であることはよく知られています。
インスリン異常が解消されれば、当たり前の話ですが、糖尿病が治ってくるというわけです。同じょうな図式で、糖尿病の予防にとってもよい結果が出るというわけです。トリプシンインヒビターは、微量でも、糖尿病の予防と治療に役立っているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です