こしょう足湯でむくみが解消、脳の血行も促進

こしょうの香りには体が喜ぶ作用がたっぷり

お湯にこしょうを入れて足浴する「こしょう足湯」は、体をあたためて血行促進するだけでなく、さまざまな効能を期待することができます。その鍵は、足元から立ち込める香りにあります。

こしょうの独特の香りは、主に6つの香りの成分からなっていますが、どの香りにも共通した効能があります。それは、むくみの解消。こしょうの香りをかぐだけで、血行が促進され、新陳代謝が活発になり、余分な水分が排出されるので、むくみを解消するばかりか、むくみにくい体質にしてくれるのです。
また、こしょうの香り成分の10 は、リモネンという、みかんにも含まれる成分によるものです。リモネンの香りは、脳の血行をよくして、働きを活性化します。具体的には、決断力や意欲を高め、落ち込んだ気持ちを高揚させる働きがあります。記憶力を向上させる作用もあるといわれているので、ボケ防止にもいいでしょう。
さらに、リモネンをかぐだけで気分転換をすることもできます。ストレスでこり固まった心をほぐしたいときにもってこいです。

ほかの香りの成分では、フェランドレンは、せきを止めて痍を切りやすくしたり、βカリオフィレンは、体にたまった老廃物の排出を促す毒出し効果があるなど、こしょうの香りの効能は、枚挙にいとまがないのです。

中国では、実際にこしょう足湯が病気の治療に使われているようです。そのやり方を見てみると、こしょうを細分煎じたり、すり鉢ですりつぶしたりと大仕事。そこで今回は、両足が入る容器に、お湯を張って、こしょうを入れるだけです。
やり方は、
両足が入る洗面器などに40度に温めたお湯をくるぶしが隠れるぐらいの水位まで入れます。このしょうの香りが立ちこめるように、こしょうをお湯の張った洗面器に振り入れます。量は5~10グラム。20分ほど足浴し、途中がお湯がぬるいと感じたら熱めのお湯を足します。お湯の中で足の指をグーチョキパーと動かしたり足首を回すとより効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です