にんにくの血小板抑制効果が脳梗塞、心筋梗塞を予防

動脈硬化が進行しますと血管が狭くなり、血管内外の壁に傷ができます。その傷を治そぅとする血液の止血作用によって、血管内で血液の凝固(かさぶた)ができます。それが血栓です。血栓が生成されると、血液の流れを妨害して動脈硬化をおこします。
脳の血管内、脳動脈に血栓ができると脳棟塞、また心臓を取り巻く冠動脈に血栓ができると心筋梗塞がおこります。

原因

不規則・不摂生な食生活、喫煙、心労とストレス、肥満、運動不足など。

対策

これらの病気を改善するためには、血栓を作る小さな粒子・血小板の凝集機能を阻止することが必要です。現在はさまぎまな抗血小板薬が開発されたおかげで、血栓症の予防に役立っています。また血小板の凝固を防ぐ物質は、いわしやさばなどの食品中にも発見されています。その物質とは、いわしやさばなどの油脂に多くこれらの病気を改善するためには、血栓を作る小さな粒子・血小板の凝集機能を阻止することが必要です。

現在はさまぎまな抗血小板薬が開発されたおかげで、血栓症の予防に役立っています。また血小板の凝固を防ぐ物質は、いわしやさばなどの食品中にも発見されています。その物質とは、いわしやさばなどの油脂に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)です。さらに血小板を凝固させない強力な作用がニンニクにもあり、脳棟塞や心筋棟塞の改善に大きく役立っています。

血栓の予防にEPA・DHA

にんにく効果

脳梗塞・心筋梗塞の改善に、ニンニクの有効成分は次のはたらきをします。

  1. メチルアリルトリスフィド(MATS)ニンニクの精油成分は、食用とする鱗茎部分に約0.1% 含まれています。さらにその0.1% の中に血小板の凝固を防ぐ精油成分であるMATSは5% しか含まれていません。にもかかわらず、抗血小板作用はかなり強い効力をもっています。英国の研究では、血小板の凝固はニンニクで抑制されることが立証されています。元来、人間の体には「線溶」という血栓を溶かす機能が備わっています。ニンニクはこの機能をより活性化する働きをするわけです。

ニンニクの精油成分MATSは、効力がかなり強いので、毎日食べる必要はありません。2~3日に1回、1~2片食べる程度で効果はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です