朝、コショウ昆布茶を続けたら抵抗力・免疫力がアップ

コンプを口にするようになって体が丈夫に

大阪で祖父の代から3代つづく昆布屋をやっています。昔はコンプ嫌いだったんですが10年ほど前に、会社勤めを辞めて家業を継ぐことになりました。そうしたら、仕入れをするコンプのよしあしを見るために口にするのが当たり前ですし、毎日の生活のなかで食べるようになりました。

それに伴って、サラリーマン時代には、冬場に必ずカゼをひいたりして体調を崩していたのが、ここ数年は病気知らず。数年前の家族中が寝込んだときにも自分だけ元気でした。
お店のお客さんからも「コンプは体にええよ」と教えてもらうことも多いし、自分なりに調べてみると、たしかにコンプには体にいい成分がいろいろと含まれています。
コンブの驚くべき薬理効果 | コンブの降圧効果

最近、気に入って飲んでいるのが、「こしょうコンプ茶」。1年ちょっと前の冬の初め、お客さんから教えてもらった飲み方なんです。
「会社でコンプ茶にこしょうを入れて飲んでいます」と教えていただきました。

最初は「え、こしょうを?」と思ったんです。でも、「おいしいですよ」といわれるので、気になって試してみました。といっても、飲み方は簡単なもので、湯飲みに入れた塩コンプにお湯を注いでこしょうをふるだけ。

もともと、コンプ茶はよく飲んでたんですよ。コンプ茶というと、いろんな調味料の入った専用のコンプ茶がありますが、うちの場合は塩コンプにお湯を注ぐだけ。

市販のにくらべるとやっぱり調味料がないぶんあっさりした感じやったんです。それがこしょうを入れると、なんていうか、コンソメスープみたいな洋風の味わいになりました。
こしょうがビリっときいて、味がしまって、最初の感想は「なかなかおいしいなあ」。それで、毎朝1杯、朝食がわりに飲むことにしました。

冷えを感じなくなって朝のお通じも調子いい

朝、店までバイク通勤をしているんですが、冬なんか寒いんですよね。それが、コショウ昆布茶を飲んで出かけるようになってから、体がポカポカとあたたまり、寒さを感じないんです。

こしょうは血行をよくするといいますから、その効果でもあるんでしょう。それに普段は、便秘症ではないんですが、やっぱりコンプは水溶性の食物繊維も多いですからお通じにいいと思いますね。
しかも朝飲んであたたまると精神的な癒やしというんですか、気分もゆったりしますから、それもお通じにはいいように思います。

店では従業員さんたちも午後のお茶の時間に飲んでいますし、夜に飲んでも眠れなくなることもないから、家族みんなでこしょうコンプ茶を飲むようにしています。あたたまっていいみたいですよ。

作り方は、簡単で塩コンブを湯飲みに3枚入れて、あらびきこしょうをひとふりするだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です