イギリスでも人気のココア

虫歯予防にココア

イギリスといえばすぐに紅茶をイメージされるかもしれませんが、12歳以下の子どもたちは、ほとんど紅茶もコーヒーも飲ませてもらえません。赤ちゃんや幼児はミルクを、それ以上の子どもにはココアか麦芽飲料の場合がほとんどです。

紅茶は、子どもたちにとって、少し刺激が強すぎますし、香りを楽しむにはまだ早いからです。ココアには、日本と同様にまったく甘味料の入っていないものと、甘味料のたっぷり入ったココアの2種類があります。今年4歳になる長女には、甘味料の全く入っていないココアを熱湯で溶き、そこに温めたミルクを加えて飲ませています。けれども、2歳になる長男は、甘味料入りの甘いココアでなければ飲まないので、これからは、お姉ちゃんを見習って慣れさせていくつもりです。

虫歯のない強い歯

日本でもイギリスでも、甘いお菓子が大好きな子どもたちの天敵は虫歯です。我が家ではいつもおやつにチョコレートやケーキを食べさせているわけではありませんが、子供たちはやはり甘いものが大好き。「OK」といえば、いつまでも食べていたいようです。

虫歯はなってからでは遅いので、その予防にも、私は子どもたちにココアを飲ませるようにしています。ココアが虫歯予防の効果をもっていると教えてくれたのは、近所に住んでいたイギリス人の友人です。

最近の研究で虫歯の原因となる成分をココアが阻止するということがわかったというのです。もちろん、甘いココアではダメとのことです。子どもたちには、虫歯にならないよう歯磨きのブラッシングも教えていますが、歯磨きの途中で遊びだしたり、なかなか歯の間や奥歯までをきれいにすることは難しいのです。幸い朝食やおやつのときに、いつもココアだった子どもたちは、虫歯が1本もなく、これまで歯科医院には検診でしか行ったことがありません。

成長期にかかせない

それにココアは食欲を増進させ、成長を促すともいわれています。12歳の息子がいる友人の家では、「身長を伸ばすために、毎日ココアに1リットルのミルクを入れたココアミルクが彼の胃袋に消えてゆくんだ」と、苦笑いしていますⅦ成長する子供たちにとって、これからもココアは欠かすことのできないパートナーになってくれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です