緑茶は心身の疲れがとれる

仕事のともとしても

緑茶をひんばんに飲むようになったのは、今の会社に転職した半年前からです。私の職場にはお茶の菓を粉状にした「溶ける緑茶」というものが置いてあって粉末をお湯に溶かして飲むんですね。その緑茶は無農薬有機栽培・無添加で、すべての成分が体内に吸収されると書いてあって。自然食品や健康食品に興味もあって、緑茶も好きだったので、わりと好んで口にするようになりました。味は私が大好きな抹茶に似ていて、普通の煎茶以上においしい。飲み口もソフトで、すぐに気に入りました。入社して数日後には、自分用に大きなマグカップを用意して、いつもかたわらに緑茶を入れて置いています。そうですね、仕事中に毎日3、4杯はうんと濃くしたものを飲んでいますよ。不思議だったのは、紅茶やコーヒーなら1~2杯で十分という感じなのに、この緑茶はスイスイ体に入ってしまうこと。普通ならそんなに飲むとお腹がカブガブになりそうなのに、少しずつ飲むせいか、全然苦しくならないんです。
会社に中国の方がいるんですが、その方いわく、お茶は10~15分に一口、二口飲むのが体への水分補給にいい飲み方なんだとか。

ちようど私もそんなふうに飲んでいますが、オフィスでの乾燥防止にもなるし、確かに体にいいみたいですね。実際、そうやって緑茶を飲みはじめてから、体調がとてもよくて。私はいつも寝不足気味な生活で、体質的にも疲れやすく、風邪をひきやすいタチなんです。20代の頃より体力も落ちていますしね。でも朝、会社に来て緑茶を飲むと、体も気持ちもスッキリ。それまで毎朝感じていた、だるさがなくなり、仕事もはかどるようになりました。昔から緑茶がいいというのは知っていましたが、これほど効果を実感したのは初めてのことです。また飲みすぎ、食べ過ぎをしてしまった翌日の朝なども、緑茶を飲んで、胃や口の中をさっぱりさせています。そういえば、緑茶には消臭効果もあるんですよね。

料理やお菓子にも活用できる

緑茶党になってからは、料理にも緑茶を使うようにしています。最近作ったのは、緑茶パンケーキ。熟した牛乳に、細かく刻んだ煎茶を入れて、色がよく出たら葉っぱごと牛乳を他の材料と混ぜて焼くんです。自分で言うのもなんですが、飽きのこない味でおいしいですよ。その牛乳だけ飲んでもおいしい。意外に思うかもしれませんが、抹茶と味が似ていると思えば、抵抗感は少ないのではないでしょうか。抹茶のお菓子はまろやかさとコクがありますが、煎茶を使うと香ばしくさわやかさで、軽いんです。緑茶は手軽でおいしくて、健康にいい。それに効果もわりと早い。粉末の緑茶はもちろん、普通の煎茶も料理に生かして、なるべく葉っぱも捨てずに使いたいなと思っています。せっかくの栄養分を捨てるのは、もったいないですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です