にんにくでストレスを改善する

現代は、めまぐるしく物事が変化する社会であり、過度な仕事や人間関係でのトラブル、将来への不安などがますます増えています。こういったものが要因となって、「ストレス」という目に見えないものが私たちの体を毎日むしばんでいるのです。

ストレスを抱えると、私たちの体には、まず自律神経の不調の兆しがあらわれます。それは、交感神経と副交感神経の一定のバランスが崩れ、変調をきたすからです。

こうしてバランスがとれなくなってしまった神経作用は、便秘や下痢、不眠、動悸・息切れ、過食、胃潰瘍などの症状へと進行してしまいます。また、いくら調べても異常は無い、原因不明の心臓神経症が増えています。

このような症状を改善するには、まずは原因となっているトラブルを解消することです。そして、食生活を改善したり、睡眠をたっぷりとったり、適度に体を動かすなどして、規則正しい生活のリズムを刻んでいきます。

それから、いかにしてストレスと共存していくか、うまくつきあっていくのかが、大きな鍵となります。それには、上手に気分転換を図り、ストレスに負けない強い精神力と体力を身につけることが必要になります。

ストレスに対するにんにく効果

にんにくの有効成分アリシンは、ストレスの改善に次のように働きます。

  • 神経を鎮静・安定させる
  • アリシンとビタミンB1が結合してできたアリチアミンのはたらきにより、中枢神経や末梢神経が興奮するのを抑制し、鎮静・安定化します。保温効果、整腸作用が加わり、ビタミンB1不足などが原因で起こる神経性の下痢や睡眠不足を改善します。

  • 酵素を活性化し疲労を回復する
  • アリシンは、代謝に必要な細胞の酵素を活性化させ、疲労を回復させます。

  • コレステロールを抑制する
  • ストレスから起こる緊張により、アドレナリンが分泌され心筋への酵素の供給量が減少して、コレステロールが溜まります。アリシンは、これを抑えます。同時に、脂質代謝を促して血管を拡げ、血液循環を活発にします。

  • 自然治癒力を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です