晩酌に欠かせない

緑茶とお酒の組み合わせ

毎日の晩酌で、おいしい酒の肴と共に欠かせないのが緑茶です。一合程度の日本酒と一緒に緑茶を飲む。これが、10年前からの習慣になっているんです。
もともと胃が弱く、胃潰瘍を患っていたこともあって、以前からできるだけ空腹の状態ではお酒を飲まないよう、気を使っていました。
お酒と一緒に緑茶を飲みはじめたのは、胃の中でお酒が薄まるんじゃないか?」という単純な発想から。でも、これが想像以上に効果がありました。緑茶を一緒に飲むようになってからは、お酒を飲んだ後も胃の調子はいいし、多少飲み過ぎた場合でも、胃がもたれたり、痛んだりすることはありません。
具体的な成分はわかりませんが、緑茶が胃を守つてくれるんじゃないでしょうか?それから、お酒を飲むとやたらと喉が乾きますが、緑茶がその乾きを癒してくれるのもうれしいところ。
緑茶を飲むと、なぜかお酒がおいしく感じられます。さらに、お酒を飲んだあとで口に含む緑茶も、また格別においしい。「お酒もお茶もおいしく飲める」。これは、自分でも思いがけない相乗効果です。これまで、あまり人に勧めたことはありませんでしたが、とにかくおすすめです。
以前から緑茶は大好きで、1日に10杯以上は飲んでいると思います。晩酌の際はもちろん、食後や仕事の合間にも、大きめの湯のみ茶碗で何杯も飲んでいます。私も家内もお茶の味には結構こだわっているんですよ。
静岡の生産者から直接茶葉を購入するようになって、もう20年は経つでしょうか。スーパーなどでは買ったことがありません。
やはり、おいしさが違いますから。個人的には渋めで濃い煎茶が好きですね。一昨年、ようやく禁煙に成功したんですが、煙草を止めはじめた頃は緑茶を頻繁に飲んでいました。煙草が吸いたくてイライラしたときに緑茶を飲むと、気持ちが不思議と落ち着くんです。煙草を止められたのも緑茶のおかげかもしれません。

抹茶入りのヨーグルトを食後のデザートに

数年前から、家内が茶菓と一緒に抹茶を購入するようになりました。ビタミンCが豊富に含まれているので、健康にいいと聞いたらしいんです。この抹茶をヨーグルトにひと匙入れ、さらにはちみつを加えたものを食後のデザートとして毎日食べています。
ほのかな抹茶の香りと何ともいえない風味の良さ。一度食べるとクセになりそうなおいしさですよ。今ではこれを食べないと、食事が終わった気がしないくらい。
見た目の色もきれいだし、とても食べやすいので、子供から大人まで幅広く喜ばれるデザートだと思います。最近は、緑茶のさまざまな効能が科学的にも証明されているようですが、これはとてもうれしいことですね。これからも健康のために、緑茶を飲み続けていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です