高齢化にマッチした緑茶

ふだんの食事が「茶飯事」だから日本人の長寿がかなった

現在、日本は世界一の長寿国です。その背景には、医療技術の進歩や豊かな経済、安全な社会、温暖な気候といったさまざまな要因がありますが、それらとともにはずせないのが、食文化・食生活です。
緑茶こそが高齢化・情報化時代のニーズ「日常茶飯事」という言葉があります。
辞書によれば、「ふだんの食事。転じて、ごく普通のありふれたこと」というような意味です。日本人にとって、ごく普通のありふれた、ふだんの食事が茶と飯である、と。
そう解釈していいですよね。いや、もちろんおかずもいろいろあっていいんだけれど、主食の米の飯と、食前食後の続茶は、どんなありふれたふだんの食事にも欠かせないもので、つまり食文化・食生活の基本だと、そういう意味に取れます。
そしてまさにその飯と茶こそが、世界に冠たる長寿の源だと思うんですよ。米飯を主食にして組み立てられた、いわゆる日本型食生活が、非常に栄養バランスの取れた健康的な食の形であるということは、だいぶ前から世界的に認められてきています。ここに来て、「ふだんの食事」のもうひとつの柱である緑茶の素晴らしさも、次々に科学的に証明されるようになってきたんですね。

緑茶のカテキン、カフェイン、ビタミンCが老化を防ぐ

お茶の成分の中で、最近、特に注目されているのがカテキンで、私自身はそのさまざまな働きの中でも、抗酸化作用にもっとも関心があります。人間の体の老化というのは、要するに細胞の酸化が進むということで、カテキンにはそれを防いでくれる働きがあるわけです。
カテキン以外の成分ではカフェインにも注目したい。大脳を興奮させて精神活動を活発にし、記憶力や集中力、判断能力などを高めてくれる作用をもっています。
言ってみれば、こちらは頭脳の若さを保つために必要な成分です。さらにビタミンCも忘れてはならないでしょう。
カテキンやカフェインは、緑茶に限らず、紅茶やウ一口ン茶にも含まれていますが、ビタミンC をたっぷり含んでいるのは、緑茶だけです。このビタミンCは、血管や粘膜や皮膚の若さ、健康を保つのに欠かせません。その成分について知れば知るほど、緑茶は不老長寿の妙薬、と思えてきます。

戦国武将の茶の湯

実は、そのことを実証した人たちがいました。それも、お茶の成分など何もわからなかった数百年も前の話です。いったいどこの誰が? とお思いでしょうか。答は戦国時代の大名や武将たち。当時の日本人の平均寿命は、35歳からせいぜい40歳に満たない程度でした。もちろん乳幼児の死亡率が高かったことなどもありますが、それにしても「人生五十年」という言葉が、文字通りに通用する時代でした。そんな中で、70歳台はおろか、80歳、90歳を越えてもなお元気で活躍した大名や武将が、数多くいるのです。有名なところでは、徳川家康が亡くなつたのは75歳ですし、北条早雲、幻庵の親子は、それぞれ8歳、97歳まで生きています。武将以外で、僧侶や茶人にも長命の人は多いのですが、彼らの共通点が何かというと、いずれも茶の湯をたしなんでいたんでいたことです。
喫茶の習慣が庶民にまで普及したのは江戸時代のことです。それ以前のお茶は、限られた人々のものだったことを考え合わせると、平均寿命から突出した長命を生きた武将たちの長生きの秘密が、お茶にあったのではないか、という推理も成り立ちます。

ストレスが多い現代はお茶をたくさん飲む

武将たちは、非常にストレスの多い戦乱の世を生き抜いたわけですが、現代の我々も、質こそ違え、戦国時代に劣らぬストレスにさらされながら毎日を暮らしています。
これからは、さらに高齢化が進み、同時に情報化も著しい時代となるでしょう。ストレスは、さらに加算される可能性があります。そんな中、頭も体も元気で若々しくいるために、そして記憶力や集中力を高めてストレスに勝ってこの時代を生き抜くために、緑茶は最適の飲み物といえるでしょう。
煎茶、焙じ茶、自分で作った粉茶と、3種類合わせて1日に15~16杯ほどにもなるでしょうか。私の元気の秘密も、戦国武将と同じく緑茶に在り、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です