高齢になっても健康でいられるのは緑茶のおかげ

濃い目に入れてたっぷり飲む

うちは緑茶の生産直売をしているので、お茶は1年中豊富にあります。そのためもありますが、煎茶は濃い目に入れて暇なく飲んでいます。お茶はしっかりした味わいのあるものが好きです。
お茶の農家では、朝食の時、畑に出てから午前10頃に「ちゃのこ」といわれるお菓子を食べながらお茶を飲む休憩の時間、昼食の時、そして午後3時のちゃのこ、畑から帰って夕食の時と、毎回たっぷりと葉を入れた濃い目のお茶を飲みます。
これは、お茶の農家ではごく当たり前に行われていることなんですよ。私も85歳までは畑に出ていましたから、畑仕事をしながらお茶はふんだんに飲んでいましたね。畑には出なくなりましたが、洗濯物の片付けをしたり、時々畑の草取りをしています。畑での「ちゃのこ」はありませんけど、いまもお茶を飲むことは、ごく当たり前にしていますし、濃い目に入れて飲んでいます。回数とか意識したことはありませんけど、朝から晩までお茶は飲んでいます。

中川根町は胃がんの発生が全国で一番少ない

中川根のお茶は、飲んだ時の後味がすっきりしていて爽やかな香りが残る、素直なお茶です。
入れたお茶の色は薄めの緑色をしています。この辺は、南部の平地でとれるお茶と違い、山の中のお茶になるんです。山の中で育つお茶の葉は、肉薄で、繊細な葉です。霧が多いので、直射日光が葉にあまり当たらないからです。
中川根町の繊細なお茶は、品評会でも高い評価を受けています。高級煎茶の茶所なんです。
緑茶には、がんを防ぐ効果があるとかで、この中川根町は、胃がんの発生が全国で一番少ないという話です。私も91歳ですけど、どこも悪いところはありませんし元気です。若い頃から病気らしい病気はしたことがありません。生産農家の仕事だけでなく、材木を運んだり、商人宿もしていましたから、ほんとうによく動いていました。
そんな忙しい中、子供を6人生んで育てました。よく働いて、よくお茶を飲んで、これまで健康でこれたのも緑茶の力かもしれません。確かにこの辺は、緑茶の生産農家がたくさんあって、緑茶の里といわれています。
どこの家でも家用のお茶はたくさんあって、濃い目のおいしいお茶を飲んでいますね。長生きの方も多いんですよ。緑茶にはいろいろな効能があるっていわれていますけど、うちでは昔から飲むこと以外にも緑茶は使われてきました。例えば「ものもらい」が目にできたらさましたお茶で目を洗うと治るとか、手にかゆい「できもの」ができたらお茶で手を洗うと治るという、薬としての使い方です。
「殺菌効果がある」って聞きましたが、そのせいなんでしょうか。昔からうちではこの方法で治したものです。これも、お茶が豊富に手に入る土地ならではでしょうね。お茶が体にいいなんて昔の人の知恵だと思っていたんですけど、ちゃんとした理由があったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です