慢性疲労・夏ばてを生姜の効果、効能で解消する

慢性疲労や夏バテしている体は自律神経の働きが乱れ、血行が悪くなっている。血行が悪くなると、体内の細胞に必要な栄養や酸素が行き渡らず、体内には余分な水分や老廃物、疲労物質などがいっぱいになる。

朝、布団から起き上がれない、冷房にあたるとだるくなる、疲れやだるさが抜けない、食欲がない、などの症状が3日以上続いていれば、慢性疲労や夏バテを疑ったほうがいいだろう。

免疫力アップで疲れ知らずの体のように日頃から疲れない体をつくることを習慣にしておくと多少、疲労がたまったりしてもバテることもない。

まずは、生姜で体を温めて、血行をよくすることが大切。その上で、疲労回復に効果的な糖分やビタミンB1をしっかり摂ること。ビタミンやミネラルをたくさん含んでいる黒糖やハチミツ、ビタミン別の効率を高めるニンニクなどが特におすすめ。

ビタミンB1の働きと作用

はこちらのサイトから。

  • 生姜紅茶に入れる黒糖を多めにして、1日3~6杯飲む。黒糖の糖分が疲労回復に効果を発揮する。
  • ニンニク入り生姜湯を1日数杯飲む。生姜片とニンニク1かけをそれぞれ薄切りにし、500ccの水が半量になるまで煎じる。煎じ汁をこして、湯飲み茶碗などに注ぎ、黒糖適量を入れて飲む。
  • アルコールが飲めるなら、生姜入り日本酒もおすすめ。日本酒には健康回復や維持を助けるビタミンやミネラル、アミノ酸などが含まれていて、体を温めて血行をよくする作用がある。これに、体を温め、うつ気分を改善する生姜を加えることで、肉体的な疲労にも精神的な疲労にも効果を発揮する。日本酒は熱燗に。1日1合(180 cc)程度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です