「肩こり」を生姜の効果、効能で解消する

肩こりは、首から肩にかけての筋肉の血行不良が主な原因。生姜の温め効果で、冷えを撃退すればいい。生姜紅茶や生姜湿布、生姜風呂などを毎日の生活にとり入れ、全身の血行をよくして体全体を温めることで改善できる。
薄着や冷房、水分の摂りすぎなどで体を冷やさないよう心がけることも大切だ。また、運動不足や肩・腕・背中などの筋肉の衰えなどによっても起こるので、アイソメトリック運動などで日頃から鍛えておきたい。

  • 生姜酢ハチミツドリンクを1日1~杯飲む。生姜約20グラムを薄切りにして、酢を1カップ、ハチミツ大さじ2とともに保存容器などに入れ、2 ~3時間以上おく。この10分のl程度の量を生リンゴジュースコップ1杯に加えて、よくかき混ぜる。ハチミツのビタミンやミネラル、酢のクエン酸などが、体内の疲労物質を分解して、こりをやわらげてくれる。
  • 肩に生姜湿布をすると、その部分の血行がよくなり、肩こりが改善する。入浴後に行うと、特に効果的。
  • 手の温冷浴を行う。洗面器に42度くらいのお湯を入れ、手首より先を3分間ほどつけて温める。次に冷水に10秒つける。これを5回線り返す。
  • どこでも簡単に、短時間でできる肩や腕のアイソメトリック運動も効果的。指を胸の前でかぎ型に組み、力を入れて両側に引いて7秒間キープ。指をそのまま頭の後ろにして、同様に両側に引いて7秒間キープ。これを5~10回線り返す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です