(体験談)90日で体重がマイナス6kgウェストもマイナス5cm

身長157cmで体重が55.3kgあったSさんは、中学時代から太り始め、さまざまなダイエットに挑戦しては挫折するということを繰り返してきた。
「10代の頃から、毎日ダイエットのばかり考えてきた」と笑うSさんは、これまでの経験から、「こんなダイエットは長続きしない」という自分なりのポイントがわかってきたという。

  • 運動が大嫌いなので、体を動かしてヤセる方法は続かない
  • ご飯や麺類はガマンできても、大好物の甘い物を全く食べられないのは耐えられない
  • 毎日の食事はほとんど外食やコンビニ食なので、自分でローカロリー料理を作ったりする方法は無理

苦手な運動や料理をしなくてよく、大好きな甘い物も食べられて、面倒なことは何もなし。そんなダイエット法をいつも探していたS さんが、やっとめぐりあえたのがしょうが「生姜ダイエット」だった。

きっかけは、同じ会社の友人と出かけた1泊2日の冬の温泉旅行。冷え性で代謝が悪いSさんは、温泉に長時間入っていても全然汗をかかず、寝るときも浴衣の下は長袖Tシャツとスパッツ、靴下は欠かせない。
一方、友人のほうは、ちょっと温泉に入っただけで大量に汗をかき、出てからも「足がずっとポカポカしている」と気持ちよさそうだった。
もちろん、浴衣1枚で、朝までぐっすりと眠れたという。しかもこの友人は、とてもスリムなのに、驚くほどよく食べる。ずらりと並んだ宿の夕食も残さずたいらげ、朝から「温泉に入ると、お腹が空くね」と、バクバクおいしそうに食べるのだ。それでいて、身長はSさんとほぼ同じなのに、体重は10kg近くも少ない。その友人との会話で、Sさんの心に引っかかったのが「生姜」だった。
聞けば、彼女は子どもの頃から生姜が大好きで、料理にはもちろん、みそ汁やそば、うどん、紅茶にも生姜」を入れているという。「生妻は代謝がよくなるから、絶対におすすめ! 」とすすめられ、さっそく生姜紅茶を飲むことにした。

すりおろすのは面倒なので、チューブ入り生姜を購入。
朝食は黒糖入りの生姜紅茶1杯にして、昼食はそばやうどんなどに持参したチューブ入り生姜を入れる。
夜はこれまでと変わらない食事を続けた。空腹を感じたときは、黒糖を多めに入れた生姜紅茶を飲むようにしたところ、ストレスもなく、するすると体重が落ちていったという。
それと同時に、いつも手足がポカポカと温かくなり、湯船に入っているとすぐに汗をかくようになつた。3か月後には、体重は49.1kgに。ウェストは5cmも減って、太もももはっそりし、パンツがゆるゆるになった。バストは小さくならず、気になる下半身が細くなったことがうれしいという。
実は、生姜ダイエットが全然つらくないので、生姜紅茶に入れる黒糖をやめたらもっとヤセられるのでは? と思ったというSさん。
黒糖抜きの生妻紅茶を1週間飲んでみたが、体重は変わらず、かえってい物が食べたくなって挫折しそうになったという。ミネラルたっぷりの黒糖は、決してダイエットの敵ではなく、ストレスをためないためにもむしろ入れてはしい。また、生姜紅茶のダイエット効果を高めるには、ひとつまみの「塩」を加えるのがおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です