ガンは体内の浄化装置

免疫力が正しく働けは癌の発症、再発、転移は防げる

なぜ人間はガンになるのか?この質問に対して明確な回答を出すのは、難しいこととされています。しかしながら、免疫学的な立場から理論を述べるなら「ガンはなんらかのストレスによって体内の顆粒球が増え、リンパ球とのバランスがくずれて交感神経緊張状態が続いた結果によるもの」と言うことができます。

つまり、ガンであることが分かったら、「交感神経が優位の状態になりすぎる生活を送っていたことによって発症したものだから、自律神経のバランスさえとれば、ガンは治すことができる」と言うことになります。むしろこれを、抗ガン剤のような薬で無理矢理抑え込もうとすれば、その歪みは必ず違った場所に違った形で現れてくるはずで、ガンの転移も理屈は同じです。

たとえるならば、ガンというのは体内の「浄化装置」のような存在です。さまざまな要因によってもたらされるストレスという「老廃物」が、体内に蓄積されてガンという形になって発症する。

それに抗ガン剤というフタをしようとしても、次から次へと放り込まれるストレスによって老廃物はあふれ出し、違ったところにもう1つの老廃物を作り出してしまう。こうしたイタチごっこがガンの発症と転移のしくみなのです。

つまりガンを治す、あるいは引き起こさないためには、老廃物を出さない、あるいはできるだけ減らすことが肝心です。一般的に、ガンを患っている人というのは、免疫抑制状態にあります。これは早期のガン患者でも同じ傾向が見られ、その傾向はガンの進行とともにますます強くなっていきます。

また痛患者は、血液中の白血球の数値が増え、特に免疫力の中心となるリンパ球比率は30%以下の人がほとんどです。

ガンがさらに進行すれば20%近くまで下がり、末期ガンの人になれば10%前後まで低下することが分かっています。逆に、一度、ガンを患い、再発していない人たちのデータを見ると、おおむねリンパ球の数値が35%以上と安定しています。

たとえガンを発症したとしても、交感神経と副交感神経のバランスを回復して免疫力を正常に作用させることさえできれば、抗ガン剤などを使用しなくとも、ガンの発症はもちろんのこと、転移や再発を抑えることができるのです。

再発と転移のしくみ

さて、ガンは浄化装置と同じで、あふれた老廃物が新たな浄化装置を作る… … と記しましたが、ここでガンの転移と再発のしくみについて、少しくわしく説明しましょう。

そもそもガン細胞には、仲間を増やそうとする性質があります。ガンの転移と再発はこの性質によってもたらされます。再発には、局所再発と痛部分の転移による再発があり、転移の経路はリンパ性、血行性、播種性の3つがあります。

血液の中を流れるガン細胞のうち、転移の可能性があるのは、1万個につき1 個の割合といわれています。そして臓器に侵入したガン細胞は、そこでさらに仲間を増やそうとして、癌細胞を成長させるために必要な血管を作りながら、新しい浄化装置(ガン細胞)を作っていくのです。

このようにして生まれたガン細胞も、免疫力さえ正しく作用させることができれば、退縮させることは可能です。交感神経優位によって導き出された血流障害と顆粒球の増加は、たとえガンになってからでも消すことでき、原因(ストレスによる自律神経の歪み)を改善することで健康状態に戻ることは、多くの症例として証明されています。

こうしたことから、痛そのものの自然退縮が期待できるということなのです。「病は気から」という言葉がありますが、はたしてどれだけの人が、この言葉を疑うことなく普段の暮らしの中で実践できているかは疑問です。

とくに状況が「自分がガンになった」ということになれば、多くの人は慌てふためき、西洋医療にすがりついてしまうのではないでしょうか。

しかし、先にも記してきた通り、副作用などが身体に及ぼす害を知れば、どのような選択が正しいのか、おのずと答は出るはずです。人間本来が備えている免疫力を信じて、明るく、前向きに病気と向き合うことが、正しい治癒への近道なのです。

ガン患者に評判の健康食品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です