免疫力をアップするための体温+4度の入浴

シャワーのみは交感神経優位になっている

ほとんどの病気の原因は、交感神経が優位になり血流障害を起こしたことによるものです。つまり、体温を上げて血流改善をする入浴は、もっとも簡単な免疫力向上の手段ということができます。

にもかかわらず、最近の若い人や働き盛りの世代の人たちには、シャワーですませてしまう人が増えています。夏場はもとより、身体が芯まで冷えきる冬でもシャワーだけという人が少なくないのです。身体の汚れを落とすだけならシャワーで充分でしょうが、健やかな毎日を送る、若々しい身体を保つなら、これではだめです。きちんとお風呂にお湯を張って、心身をリラックスさせストレスを解消する必要があります。

ある会社で、入浴をする社員と、シャワーしか使わない社員のリンパ球を比較したところ、日々入浴をする社員のリンパ球が、血液1立方ミリメートル中、平均で2248個という結果が出ました。

人間のリンパ球の理想的な数値は2200から2800個ですので、入浴をしている人のほとんどは理想的なリンパ球の数値であるといえるでしょう。いっぼう、日ごろからシャワーしか使わない人のリンパ球数値は平均で19 00個前後。反対に顆粒球はシャワー派の方が増えているという結果が出たのです。

これは、シャワーしか使っていない人は交感神経優位の緊張状態が続いており、それに反して入浴派の人は副交感神経優位のリラックス状態にあることを示してしずいます。

当然ながら、副交感神経が優位になれば交感神経が鎮められ、リンパ球過剰がもたらすアレルギー疾患などにも免疫力が正常に作用します。

ひいては血流効果が高まり、炎症治癒も早まることが期待できるのです。さて、単に入浴が身体にいいといっても、どの程度の温度のお湯に、どのくらいの時間浸かるのがいいのかが問題です。「カラスの行水」という言葉がありますが、これでは身体は温まりません。基本的には、だいたい自分の体温にプラス4度のお湯に、約10分ほどじっくり軽かればじわじわと体温が上昇していくはずです。

「私はカラスの行水」という人は、お湯の温度が高すぎるのではないでしょうか。「熱いな」と感じるお湯には長く入っていられませんし、かえって交感神経を刺激して、身体が緊張状態になってしまいます。

疲れをとるのが目的ではなく、これから仕事があってシャキッとしたいという場合は比較的高めの温度のお湯に入るのも悪くはありませんが、ストレスから解放されるための入浴には不向きといえます。

入浴とはいっても、肩まで浸からなければいけないというわけではありません。いわゆる半身浴も体温を上げる効果は充分あります。入浴で芯からじっくり温める方法(半身浴)

むしろ全身を肩まで沈める入浴の場合、水の圧力で心臓が圧迫されるため、息苦しさを覚える人も中にはいます。こうした方の場合は半身浴の方がいいでしょう。

ただし半身浴の場合の注意点は、浸かっている間に湯の温度が下がらないようにすることです。また、冬場の入浴では、身体全体が温まる前に上半身だけが冷えてしまわないよう、乾いたタオルなどを肩からかけておくようにしてください。

体調が安定する入浴法

また、季節の変わり目によく体調をくずす人や、更年期障害に悩む女性の場は、入浴後に水をかけることをおすすめします。もちろん、身体全体にいきなり水をかけるようなことをしてはいけません。
足首周辺にだけ水をかけてお風呂を上がるように習慣づけると、自律神経の切り替えがスムーズになり、年齢を重ねても体調をくずしにくい身体になつていきます。

そしてときには気分を換えて、温泉や銭湯などに出向くのも大いにリラックス効果が得られます。体温を上げて血流を良くするだけでなく、自宅のお風呂とは違い、広くて開放感にあふれた場所で、手足を思いっきり伸ばして湯に浸かれば、身も心も癒されることは間違いありません。

ただし、温泉や銭湯の場合、お湯の温度が著しく高いところもあるため、自宅と同じ感覚で同じだけの時間お湯に浸かることは控えた方がいいでしょう。

「せっかくだから…」という気持ちは分かりますが、普段以上に熱いお湯に浸かりすぎれば、交感神経優位の状態になり、肝心のリラックスが得られないということになりかねません。この場合も自分の体調と相談しながら、無理のないところで切り上げるのが賢い入浴方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です