便利になったものに苦しめられる現代人

手間のかかる「和食」の利点

ここ数年、和食回帰の兆候が顕著になりつつあるといわれています。それは非常に歓迎すべき兆しであろうと思いますが、その背景を知れば、個人的には少しやるせない思いにもかられることは事実です。

というのも、戦後日本は、欧米先進国の生活習慣を見習って、食生活ばかりでなくさまざまな生活スタイルを真似してきました。ところが今ここにきて、今度は逆に欧米人の方が和食の健康性に着目するようになり、それに追従するべく我が国も和食のブームで賑わうという、なんとも妙な関係ができているからです。とはいえ、いまだ和食回帰できない人も数多くおり、彼らの健康被害は深刻なものとなりつつあります。

そもそも和食は、主食、主菜、副菜からなっており、手間のかかる食事です。いうなれば「手軽さ」という観点からすれば縁遠い食事ということができるでしょう。

とはいえ、縄文食しかり、健康を維持するためには非常に効率的に栄養素を摂ることができる食事であることも事実です。にもかかわらず、いまだに安さと利便性から、ファストフードやコンビ: エンスストアのお弁当といった外食依存症から脱却できないでいる日本人が数多くいるというのは、食のトレンドという観点から見ても、あまりにもお粗末としか言いようがありません。

こうした食品の数々は、たしかに便利であるには違いありません。温めるだけ、お湯をかけるだけ、3分待つだけと、手っ取り早く、あわただしい今の日本社会をまさに象徴しているような気がします。

しかしこの「便利」であるということにどれだけの落とし穴があるかが問題です。さまざまな「食害」を覚悟しなくてはなりません。

笑顔効果

ひと組の親子がの話です。その子供はまだ20歳で咽頭ガンを患っており、手術を受け、放射線治療をやって抗ガン剤を飲み、もうすっかり身体がやつれ果てていたのです。

医者から「もう身体がもたない」と言われ治療はやめていましたが、身体中真っ黒でひどい状態でした。いろいろな治療で身体中を痛めつけられていたので、すっかりやせて深刻な状態だったのです。

さすがに、彼をどのように励ましたらいいか迷いましたが「ちょっと笑ってみて」と言ったのです。すると笑ったとたんに、黒かった顔にすっと赤みがさしてきた。「今の調子で笑いなさい。お父さんやお母さんの顔を見たら笑いなさい」とアドバイスしました。

彼は「分かりました」と言って帰っていきましたが、もしそれを実践できたら、彼はきっとよくなるだろうなと確信しました。事実、笑いというのは喜びの感情とつながっているため、副交感神経を刺激し、血行を促進させてくれるのです。つまり笑うことは、免疫力を正しく作用させるという機能を持っているのです。
また笑うと、身体がそれについていき、元気に、若々しくなるのです。よく「役回りと同じ顔になる」と言いますが、笑っている人の人生は、明るく楽しくなるわけです。

無理矢理でもいいから笑いましょう。「笑う門には福来る」と言いますが、ほんとうに福が訪れるものなのです。さて、そんな彼が日ごろ何をやっていたかというと、コンビニエンスストアの深夜のアルバイトだったのです。相当無理をしていたようで、病気に気づくまではかなり身体が参っていたということでした。私は、なぜ24時間営業していなくてはならないのかとつくづく思うのです。もちろん一部の人にとっては深夜開いている店があれば便利なこともあるでしょうが、なぜそこまでして「便利」を追求する必要があるのでしょうか。

食にしても、パソコンにしても、コンビニエンスストアにしても、もう「便利」は充分ではないかと思うのです。現代人は、便利になったことで、逆にその便利に苦しめられています。これでは本末転倒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です