タミフル問題からわかったこと

異常行動はこうして起こる

先ごろ、厚生労働省は「10代の人々へのタミフルの投与は原則的に禁止とする」という発表をしましたが、10代の人たちだけでなく、すべての人への投与を禁止すべきだと思います。

マンションから飛び降りたり、自動車の前に飛び出してしまったりという異常行動というのは、そもそもインフルエンザでは起こりえないものです。その原因となっているのがタミフルという薬剤であることが明らかになっているにもかかわらず、なぜ国はその薬の使用を全面的に禁止しないのか。このようなことは、誰が考えても疑問に思うはずです。

実はこの背景には、厚生労働省や研究班の指導もあって、世界中で生産されるタミフルの7割を日本が買い占めてしまったというなんともお粗末な原因があります。

だからこそ厚生労働省は、タミフルの害をなかなか認めることができなかったのでしょう。薬害というのはすべて、厚生労働省と諮問機関の意向によって結局はうやむやになっていきます。

さかのぼれば、水俣病のときにしても「魚に問題がある」とあいまい発表すればよかったものを、「因果関係は現在調査中」などという曖昧な発表をしたものだから、住民たちは疑問を抱きつつも魚を食べ続けてしまった。にもかかわらず「水銀以外でも、こういう症状は出る可能性がある」などと往生際の悪いことばかり言って責任逃れをしていたわけです。いつの時代の有事にあっても、役人の頭の中から「保身」という2文字は消すことができないのです。

タミフルの1件もまさに同じです。あってはならない薬害が、現実に引き起こされているにもかかわらず、そこから手を引こうとしない。これはもう犯罪と言っても過言ではないでしょう。では、なぜタミフルが人間の身体に有害であるかを、ここでくわしく説明しましょう。

タミフルは、インフルエンザウィルスが持つノイラミニターゼというタンパク質の合成を選択的に阻害して、ウィルスの増殖を抑える薬です。
ノイラミニターゼは、ウィルスが宿主細胞から遊離するさいに必要な酵素です。そのためインフルエンザの症状が発生した後48時間以内に投与を行なうと、細胞外へのウィルスの遊離や放出が抑えられ、症状がやわらいで高熱が出るのを1日ほど短縮できる効果があるとされています。

よく、「インフルエンザにかかったら2日以内にタミフルを使わないと効果がない」と言われるのは、こうしたことによるものです。ところがこのノイラミニターゼという酵素は、人間の身体の中でも重要な働きをもっており、脳の神経細胞(グリラ細胞) はこの酵素を必要とする組織なのです。

つまりタミフルを使用するとノイラミニターゼの働きをも阻害することになり、ときとして先に記した異常行動や突然のショック死に至る場合があるのです。

「ニュースから真実を見抜く目」が我が身を守る

こうした現実を知らない人々は、タミフルこそインインフルエンザの特効薬として絶大なる信頼を寄せていました。平成8年あたりから、タミフルが原因ではないかと思われる異常行動がニュースなどで報道されてもまだ、このタミフルには根強いものがあったのです。

そもそもインフルエンザは、ここ数年の病気ではなく、長い間、人類にあらかじめ備わった免疫力によって自然治癒してきた病気です。

免疫力さえ正しく作用していれば、どれほどの高熱が出たとしても、およそ1週間ほどの休養で自然に治るものなのです。タミフルが登場する以前には、非ステロイド系解熱剤によるインフルエンザ脳症も大きな問題となりました。いずれのクスリも、その副作用によって大きな問題を引き起こしているという事実に目を向けなくてはいけません。

こうした事実を知ってもなお、あなたはインフルエンザにかかったときに、タミフルの力を必要とするでしょうか? 我が身を危険にさらしてまで、わずか1日ばかり早く熱を下げたいと思うでしょうか?

「薬信仰国」といわれる日本。今回のタミフル問題は、薬を与える側はもちろんのこと、もらう側にとっても、過剰な薬信仰に警鐘を鳴らすいいきつかけになつたのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です