サプリ依存が招くもの

口コミで拡大するサブリ市場

身体にいいことをやっている人というのは、ゆとりのある人だと思うのです。そうした観点から見れば、いろいろな健康法を試している人は、長時間労働などから抜けきれず自分の身体を省みない人や、医療に頼りきりという人よりもずっと健全であるということができると思います。

さて、サプリメントについて、持論を持っています。サプリメントが世の中にこれだけ広まったというのは、医療の薬が効果を発揮していないからだと思うのです。薬に効果がないものだから「これではいけない」ということで生まれてきたのではないかと。ところが医療関係者というのは権威がありますから、間違った薬でも飲み観ける人は相変わらず多いのです。

いっぼうでサプリメントや健康食品の世界は、医師のような権威がないところで発展してきました。飲んだ人が、自分の体験から「使ってみて良かったからすすめる」という形でここまで広まってきたわけです。

そういった土俵では、本来サプリメントや健康食品はとうてい勝ち目のない勝負をしているわけですが、普及率を比べてみれば、なかなかいい勝負をしているわけです。

こうした現実に医療機関の人々は「そんなもので病気が治るわけがない」と一刀両断していますが、現実的には薬の世界がどんどん頭打ちになっているのに対して、サプリメントの世界は新規参入がどんどん増えて拡大傾向にあります。つまりどれだけ知識と権威を振りかざしても、実際の市場ではそろそろ危うくなってきていると考えなくてはだめでしょう。

そもそもサプリメントは保険がきくわけではありませんし、ひとつひとつの価格も決して安いものではありません。つまり「試してみたけれど何もいいことがない」という結果であれば、高いお金を払って飲み続ける人はいないでしょう。

肌のつやが良くなったとか、便通が改善されたとか、このごろ手足の冷えがなくなったとか、何らかの自覚がなければおそらくここまで拡大しなかったのではないかと思います。

基本的に、サプリメントや健康食品の市場拡大は「口コミ」によるところが大きく、効果が出れば誰だって人に教えたくなるものです。つまりサプリメントの世界というのは、何らかの効果がなくては認められない世界なわけで、「自分で試してみた」という、第三者の実感がともなつているから説得力もあるのです。

食事とサプリの正しい関係性

とはいえ、サプリメントでいう謳い文句にすべて賛同できるとは思いません。よく「食事の代わりに」と言いますが、はたしてここまで言えるものかというと、大いに疑問です。

たしかに栄養素としてビタミンやミネラルをサプリメントによって摂取するという考え方は間違っていないと思いますが、人間の食事というは、ただ単に栄養素を補うだけのものではありません。「ものをかむ」という行為によってあごの筋肉が鍛えられたり、温かいものを食べることで体温を上げたりと、食べるという行為自体がもたらすメリットや、食べるものの種類が導くメリットがそれぞれにあるものなのです。

また、そこには味覚の発達という大事な要素も含まれます。つまりサプリメントについても過度の期待はだめ。あくまでも不足した栄養素を補う目的で使用するに止めておくのが賢い活用のしかただと思います。
さらにいうなら、身体が破綻をきたすのは、何も栄養素の不足が問題なのではなく、生き方の無理や心の悩みが大きな要素となっています。

たしかにサプリメントは使い方によっては健康をサポートしてくれるものには違いありませんが、病気のすべてに打ち勝つ理論にはなっていないのです。

だからこサプリメントを否定こそしませんが、必要以上に熱心になろうとするのはちょっと首をかしげてしまいます。最近は若い女性が社会に進出し、バリバリ働くキャリアウーマンが登場していますが、そういう人たちの中にはサプリメントの信奉者が多いものです。

彼女たちがサプリメントに手を出すきっかけというのは、やはり体調にかげりが見えたり、夜更かしが続いて肌が荒れたりすることによるものだと思うのです。

そんなときに「これさえ飲んでいれば大丈夫」という過信は危険です。多少のプラスにはなるでしょうが、彼女たちの身体を蝕んでいるものはストレスなのですから。サプリメントを飲んだからといって、根本的な改善を得られるはずがないのです。

100種類のサプリメントの効能、効果
http://more-supplement.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です