重力から身体を解放してあげるメリット

すべての病気は重力が係わっている

あなたは日ごろ「重力」ということを意識したことがありますか?そもそもこの重力というものの正体は、地球上に存在するあらゆる物質が地球から受ける万有引力と、地球の自転による遠心力とを合わせた力のことをいいます。

何やらこのように説明すると難しくなってしまいますが、分かりやすく説明するならば「地球の重さに引っ張られる力」と考えて頂いていいでしょう。

重力がなければ、地球上に存在するあらゆる物質は宇宙に放り出されてしまうのです。日ごろ意識せずに生活している方がほとんどでしょうが、重力を抜きにしては人間の健康と病気、若さと老いについて語ることはできません。重力があるため人間は、骨と筋肉が身体を支えるためにも、心臓の上部にある脳へ大量の血液をめぐらせるためにも、非常に大きなエネルギーを必要とします。

ところが人間の細胞というのは働くことと、更新(新しい細胞に生まれ変わる)することの2つを同時にすることができません。このため細胞自身が更新を始めるのは、エネルギーから解放されたときだけなのです。いわゆるエネルギーから解放されるときというのは、心身がリラックスしている状態をさします。細胞の更新、つまり古い細胞と新しい細胞の交換が順調に行なわれないと人間は健康を害することになるのです。老化の進行やすべての病気は、この重力が作用していると考えて間違いなく、いかに重力と上手に付き合っていくかを考えなくては若々しく病気と無縁な生活を送ることはできない。

これが私の一貫した主張です。我々は現在、当たり前のように2本足で立ち、歩行していますが、実はこれも多大な重力に逆らいながら生きているようなものなのです。

そもそも人類の歴史をさかのぼれば、上陸の始めは、地にへばりつくような生物としてこの地上に存在していたわけです。ところが人間は、重力に打ち勝ったことによって「2本足で歩く」という機能を手に入れました。立ち上がることによって日々の活動が容易になり、自由な生き方ができるようになったのです。

海辺を走ることもできるし、山に登るともできます。さらには手を使って大脳も発達し、今の文明社会を築きあげる身体機能と知恵を得てきたわけです。

ところが、一見重力に打ち勝ったかに見える人間の最大のウィークポイントが、なんと「重力に弱い」ということなのです。実に不思議なことと思われるでしょうが、少し考えてみてください。

新幹線などに乗って席が取れなかったとしましょう。2時間程度、ずっと立ちっばなしでいたらかなり疲れるはずです。たいへんな苦痛に違いないし、リラックスなどできはしません。

ところが座っていればそうではないし、まして横になって寝ていれば2 時間など「あっ」という間です。つまり人間は、「立つ」ということによって、それまで以上に重力を感じる生き物へと変化してきたというわけです。

当然のことながら、重力の少ない世界の方が生き物はずっと楽に生活できます。すたとえば水の中。人類の先の先の祖先も、かつて水中に棲んでいたときの方が、浮力で自らの体重を軽減するため、ずっと楽な生き方ができたのです。

だからこそ、水中の生き物の中には人類よりもはるかに長生きの古代魚といわれるような生物が存在するのです。彼らは重力というエネルギーから限りなく解放され、とても強い生命力を維持しています。

私たち人間が病気になる理由は、すべてこの重力対応を疎かにしたことによる76ものです。長時間労働であったり、夜更かしであったり、また立ち仕事であったりとその理由はさまざまです。

また背の高い人が病気になりやすいというのも、背の低い人よりも重力に逆らう比率が高いことによるものです。では、どのように病気を防げばいいかというと、これはもう単純なことで、長時間労働をやめ、充分な睡眠をとって重力から解放されることにほかなりません。

疲れたら休む、眠たくなったら寝る。できるだけストレスを感じないよう、ときには楽をしながら生活することが肝心です。そうした当たり前の生活を習慣づけられれば病気にはなりません。

「なんだ、そんなことか」と思う方もいるでしょう。しかし、そうした当たり前の生活をきちんと送れている人が、はたしてどれだけいるかは疑問です。むしろ当たり前の生活を送れていない人が多いからこそ、現代社会には病気が蔓延しているのではないでしょうか。

高血圧症、糖尿病、狭心症、不整脈、心筋梗塞、脳卒中、くも股下出血など、すべては重力対応を疎かにしたことにより、正しく免疫力が作用しなかったことによる病気なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です