肌への浸透力が抜群に高いビタミンC化粧水は肌細胞の再生も早くしわやしみに効果的

肌の奥深くまで届くビタミンC化粧水

強い抗酸化カを備えたビタミンC は、夏に増えるシミやクスミ、シワを防ぐ強力な味方となります。

しかし、そうかといつて、レモン汁やビタミンC の粉末を肌につけても美肌効果は望めません。というのも、ビタミンC は非常に壊れやすく、そのままの状態では表皮の奥へ入っていかないからです。そんなビタミンC の弱点を解決するために開発されたのが、「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体とは、ビタミンCにリン酸を結合させることで、壊れにくく、しかも肌に吸収されやすく改良した、いわば新型のビタミンCです。
パックでも消えない頬のシミや気になる小じわにビタミンC化粧品「プレミアムEX Cウォーターローション」

この新型ビタミンCの登場によって、ビタミンC の肌への浸透力が格投に強まり、大量のビタミンCを直接、肌深部の真皮にまで送り込めるようにりました。

ビタミンCと結合したリン酸は、吸収後に体内のホスファターゼという酵素によって分解され、通常のビタミンCに戻ります。肌の奥深くまで送り届けられた大量のビタミンCは、衰えたコラーゲンやエラスチンなどの弾力線維を増強したり、肌細胞の再生も早めてメラニンの排出を促したりして、シミやシワを急減させるのに大きな効果を発揮します。

皮膚科医も認めるその効果

実際、ビタミンC誘導体は美容の世界では常識となりつつあり、その効果は多くの医師も認めています。現在、ビタミンC誘導体を配合した化粧水が数多く出回っており、化粧品店やドラッグストア、通信販売などで比較的手軽に入手することができます。

使い方は簡単で、朝の洗顔後と夜の入浴後、たっぷりのビタミンC化粧水を手に取り、軽くたたくようにして顔につけるだけです。シミやシワが気になる部分には、重ねづけするとより効果的です。また、化粧用のコットンにたつぶりつけ、気になる部分にパックしてもいいでしょう。

実際にビタミンC化粧水を30人の女性に使ってもらい、その美肌効果を5段階評価で聞いた調査では、大多数の人から、その効果に満足しているという回答が得られました。
主な感想としては、「クスミが取れた」「肌が明るくなった」「シミが薄くなった」「シワが目ただなくなった」「保湿カが高まった」などの声が多いようです。紫外線の量が増える夏は、肌のアンチエイジングのためにビタミンC化粧水がおすすめです。

ビタミンC化粧水の口コミ、使用感、効能・効果一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です