大豆効果 ガン予防に大豆中心の食生活を

ガンによる死亡者が増加中

ガンで亡くなる人は年々増加しています。もちろん死亡原因の第1位であり、全死亡者の四2人に1人がガンで亡くなったことになるわ5けです。ガンで亡くならないほうが珍しいということです。

日本人の死亡原因は1位脳卒中、2位ガン、3位、心臓病という順位が長いこと定着していましたが、ついにガンが1位となり、その翌年にさらに数字を伸ばすという深刻な事態となっております。

とくに働きざかりの世代においては多く発生し、壮年者の死亡の30パーセント以上を占めています。ガンは生体内の細胞が何かのきっかけで変異をおこしガン細胞となり、かぎりなく細胞分裂を続けていく病気です。

今のところ、ガンの発生を確実に予防できる手だてはなにもなく、ガンの治療法の確立が全人類の悲願とすらなっています。

だ、ガンも胃ガン喉頭ガン肺ガン乳ガン子宮ガンなどに関しては早期発見によって完全に治療できる場合も多くなってきています。

それでも、ガンによる死亡者が増え続けているということは、一見、ガンには無縁のような健康そのもののタイプの人の中にもガンがひそかに潜伏しているということが言えるのです。発見されるまでに10年、20年と体内で増殖活動していたガンもあると言われています。いつのまにやら忍び寄るようにやってきて、人体を侵すガンにかからないためにはどう予防したらいいのでしょうか。

国立ガンセンター研究所では次の12項目の注意事項をあげてガン予防をよびかけています。
ガンは予防できる | ガン予防のための習慣

そしてこの12項目の注意のうち大半の8項目までは食生活に対する注意です。

ガン予防に関しても如何に食事が大事であるか十分納得できるはずです。

この項目に合わせてガンの予防のための食生活が考えられるとしたら、ひとつ、ひとつの項目に照らしてみても大豆は食べものと食べ方に関するほとんどの項目に適合しています。

1日に1種類は食べたい大豆製品「大豆」 | ガン予防のための習

また、最近大きくクローズアップされている繊維質についてもおからをはじめ大豆は繊維が多い食品として有名ですので、有効な役割を果たせるはずです。食物繊維は第六の栄養とも言われています。

ガン性物質を作り出す悪玉菌をやつつける(ビフィズス菌)

ガンが、これほどまで日本において猛威をふるっているのも食生活の洋風化、多様化が大きな原因であることは想像に難くありません。ここにおいても大豆を中心とした植物性食口仰の再認識がぜひとも必要になってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です