大豆効果 お酒が原因の脂肪肝には大豆のレシチンが効く

脂肪肝には良質のたんぱく質

脂肪肝、あまり聞きなれない言葉です。肝臓にたまった脂肪が健康人の3倍以上に蓄積された状態をさします。脂肪肝について詳しくはこちら。

もちろん健康にいいわけはなく、慢性肝炎、肝硬変の原因になったりします。

脂肪肝の原因の大多数を占めるのはアルコール飲料の飲み過ぎと食べ過ぎによる肥満、糖尿病などです。

脂肪肝にならないように予防するには、どうしたら良いのでしょうか。

それには、食事には常には良質のたんばく質とビタミンを含んだ食品をなるべく摂るように心掛けることが大切です。

それから、アルコール飲料の飲み過ぎに注意することです。アルコール飲料は人体にとっては一種の毒性物質です。そのため肝臓で分解され、無毒化されるわけです。

しかし肝臓でのアルコール処理能力は1時間でコップ1杯半のビール、日本酒で2分の1合弱だと言われています。肝臓の処理能力に合わせていくとさかずき1杯の日本酒は10分聞かけて飲みなさないということになるのです。こんな悠長な飲み方をしている人はまずいません。

肝臓は丈夫な臓器ですので、ふつうの飲み方をしていればそれほどの心配はいりません。アルコールを多飲している人で問題なのは、アルコールによって作られた中性脂肪が肝臓に付着し、滞留することです。

脂肪肝の予防には大豆のコリンがいい

脂肪肝の予防には酒の飲み過ぎ、食べものの摂り過ぎに注意するほかに、とくに有益な予防方法があります。

それは大豆食品をたくさん摂ることです。大豆には脂肪肝の予防に非常な効果があるとされるコリンが大量に含まれているからです。

コリンはビタミンB群に属しているビタミンの一種で、肝臓に脂肪が蓄積されるのを防ぐ作用をもっている物質です。

このコリンの働きはビタミンB12や葉酸、あるいはアミノ酸があるとさらに強化されるとされています。

大豆食品にはコリンとともにビタミン類、葉酸、アミノ酸等にも十二分に含まれています。コリンという物質は大豆のレシチンの中に含まれています。

大豆のレシチンはリン脂質の物質で水と油という結びつけにくいものを結合させることができることに特長があります。

この働きがあるからこそ肝臓内で脂肪が固まるのが防げるのです。コリンの含有量が豊富なことで知られる大豆は100グラム中、実に255ミリグラムものコリンが含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です