大豆効果 納豆は自律神経に効く

自律神経は、内臓や血管を支配してその働きを調節する神経です。

この自律神経の働きのバランスがくずれるといわゆる自律神経失調症となるのです。自律神経失調症はこちら

自律神経失調症といわれている人は、からだがだるい、頭が重い、よく眠れない、めまいがする、動悸や息切れがするといった症状に苦しみ、いつもさえない顔をしています。とにかく不調なのです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つの神経があります。交感神経はアドレナリンという神経伝達物質によって、副交感神経はアセチルコリンというやはり神経伝達物質によって、刺激を受け作動します。

アドレナリンとアセチルコリンという神経伝達物質は正常なときには状況に応じてバランスよく分泌され、からだの内部の働きをコントロールしているのですが、パントテン酸というビタミンが不足すると分泌活動が正しく機能されなくなり、自律神経失調症を来します。

パントテン酸は副交感神経の神経伝達物質アセチルコリンと大きなかかわりがあります。パントテン酸というビタミンはからだの中でコリンと酢酸基を結合させるのにどうしても必要なものですが、アセチルコリンの正体はコリンと酢酸基が合体したものなのです。

自律神経失調症という病いは副交感神経のアセチルコリンの分泌がうまくいかなくなってしまう場合をさして言っていることが多いのです。
簡単なインスタントもので食事をすませたり、片寄った栄養のとり方をしていればかならず栄養バランスがくずれてきます。

こういった人は当然パントテン酸の摂取も少ないはずですから自律神経失調症になるのです。大豆加工食品の納豆には納豆菌の働きによってパントテン酸がたっぶり含まれています。

納豆を食べていれば自律神経の調節活動も円滑にできるというわけです。納豆を常日頃から積極的に食べて、いつもうっとうしい顔をしていなければいけないような自律神経失調症などには絶対にかからないようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です